ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

みんなぁ!ピンコパッリーノってしってるかい?

皆様は、イタリア語のpinco pallinoという言葉をご存知ですか。カタカナで書くと、ピンコ・パッリーノ、ひらがなで書くとぴんこ・ぱっりーの、間に★を入れると、ぴんこ★ぱっりーのです。

 

好きな日本語はなんですか、と聞かれた時に、高田馬場とか大根おろしとか答えた留学生がいましたが、仮に私が好きなイタリア語はなんですか、と聞かれたら、まず間違いなく、ぴんこ★ぱっりーのと答えます。

 

理由は簡単です。なんか響きがかわいくて、そしてなんかちょっとえっch...からです。

 

なんか、まず、「ピンコ」って響きがちょっとアレに似てません?

そう、アレです。アレアレ。

 

 

 

 

 

 

 

「ち◯こ」だと思った方...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご名答。あなたは名探偵コナンか。

 

 

pinco (ピンコ) とは、あほう・まぬけが本義ですが、地方によっては「ち◯こ」の意味でも使うみたいです。なんという日本語とのニアミス。

 

それでは、pallino (パッリーノ) は何でしょうか。

ヒントですが、この言葉は、palla (玉) に「小さいこと」を意味する-ino (イーノ) がついたものです。

さあ、もうわかりますね...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマタマだと思った方...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大外れです。残念!

 

 

pallino (パッリーノ) はビリヤードの玉とか、「固執」「固定概念」などと言った意味です。

なので、ピンコパッリーノは、「ちんちんたまたま」ではなく、「あほうの間抜けの固定概念」となりますね。

 

 

でも、言葉の面白いところは、そういう1+1の意味からは出てこない意味が出てくることです。

実は、ピンコパッリーノは、「どこの馬の骨かわからぬ人」という意味です。

 

 

 

ということで、なんだかえっcなぴんこ★ぱっりーの、機会があったらぜひ使ってみてくださいねぇ!

 

馬「お父さん、僕に娘さんをください!」

父「ばかやろう、本当のウマが来てどうすんだ!」

 

f:id:k-lieux:20180421182043p:plain