ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

「かんじゃった」というフレーズをかんじゃう罠

私は、滑舌が悪いです。けっこうハチャメチャに悪いです。何かを発言するたびにかみます。かみまくります。

特に緊張すると、口が思考を置いてきぼりにして、ひたすらに文節ごとにかみまくるという大道芸も持っています。

母語である日本語ですらこんなにかんでしまうのですから、イタリア語になるともはや、言語の原形を留めないくらいかみまくります。

イタリア語をかみまくってると、私の友人は、「落ち着け、慌てることはない。どうした、一大ニュースか?」と心配してくれます。おお...ありがたきお言葉...

でも、違うのです。一大ニュースでもなんでもないのです。ただ、ひたすら、ただひたすらにかんでいるだけなのです。おお...もう...この辱め...

なので、私は、かんでしまったときに、「かんじゃった」と一言言えるようにしたいと思いました。

 

f:id:k-lieux:20180202131331j:image

 

「かむ」というのは、おそらく「舌をかむ」という慣用句からきています。ですから、このような慣用句が(たぶん)ないイタリア語で、同じように表現しても相手には伝わりません。

それでは、イタリア語で「かんだ」はどのように言うのでしょうか。もうはるか昔の話ではありますが、イタリアの友人に聞いてみたところ、イタリア語では、以下のような表現を使うそうです。

 

impappinarsi

インパッピナルスィ

「口ごもる/しどろもどろになる」

→かんじゃう

 

そうです、インパッピナルスィ。ですから「かんじゃった」は過去の形(近過去)にして、

 

mi sono impappinato 

ミ ソーノ インパッピナート

「かんじゃった」

 

とします。

 

インパッピナルスィ

このフレーズさえ覚えておけば私は無敵、とあいなるわけです。対面会話においての完全勝利は目前です。

 

 

インパッピナルスィ

しかしどうにもこのフレーズは、「かんじゃった」と言うには言いにくすぎやしませんか。

 

 

「あ、ごめんごめん、ミソーノインパッピナート!」

 

言いにくい。

 

 

「かんじゃった」というのに「かんじゃいそう」とは、これいかに。

 

 

 

つまりこうだ。

 

「あ、ごめんごめん、ミソーノイッピエ...!」

 

「かんじゃった」をかむ

こうなると、次はこうだ。

 

「あ、ごめんごめん、ミソーノインパッピナートをミソーノインア@ピェ!」

 

「「かんじゃった」というのをかんじゃった」をかむ

 

 

 

最高だ。ただひとこと、かんじゃったと言いたいだけなのに、一人で泥沼にハマっていく。

 

 

「かんじゃったをかんじゃったをかんじゃったをかんじゃに∞(以下無限∞)」

 

 

しかも、フレーズが長くなるたびに、一つ一つの「かんじゃった」に注意を払わなければならなくなる。最後に行き着くまでにどっかでかむ自信がある。

 

 

というか、そもそも

 

ミソーノインパッピナートが「かんじゃった」というには長すぎやしませんか

 

 

 

もう、私は黙るしかないのでしょうか。

 

 

 

 

あーん(><)