ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

イタリア語でパンツについて考えると真理が見えてくる

唐突な質問で恐縮ですが、言い切ります。ごめんなさい。

 

「みなさん、毎日パンツを変えていますか?」

 

パンツは大事です。人間の身体の一番のプライベートゾーンを守ってくれますから、なくてはならない物です。皆さんはそんなパンツを大事にしてやっていますか。可愛がってやっていますか。毎日ちゃんと変えていますか。

 

f:id:k-lieux:20170724000343j:image

 

昔、うちの母親に聞いた言葉があります。

 

「大学生の男子は、パンツを二日履いて、裏表でも使うから、一枚のパンツで四日もつ」

 

なぜか、この母のフレーズをよく覚えています。他にも大事なことがあったはずなのに、私はこのフレーズだけしっかり覚えています。その当時は、「なるほど、頭がいいじゃないか。ひっくり返しているから清潔だし」などと謎の供述をしており、「後悔していない。一枚のパンツを4日使うのは非常にロジカルである」とうわ言のように繰り返していたのは私です。

 

そこで冒頭の質問に戻りますが、皆さんは毎日パンツを変えていますか。毎日変えているという人は、どうして毎日変えているのですか?毎日変えないと不潔だから?じゃあトイレに行くたびに変えなければいけないのでは?いや、そもそもそんなこと言い出したら毎秒変える必要があるのでは?

 

しかし、そもそも、パンツを毎日変えるという必要性を疑うこともできるかもしれません。常識を疑ってみるのです。パンツだって生き物です。生き物である以上、「かえないで〜かえないで〜」とこちらに語りかけてきています。「わたしまだやれるよ〜まだこれからだよ〜あなたの大切なものをおさえられるよ〜」と叫んでいるに違いありません。

 

「パンツは変えるべきか否か」というテーマですが、実は、私は長年大切にしてきました。しかし、つい先日ついに答えが出てしまったのです。それを皆さんと共有させてください。

 

答えは思わぬところにありました。そう、イタリア語です。イタリア語では「パンツ」のことを"mutande(ムタンデ)"と言います。初級の段階から出てくる超重要単語です。そして、mutandeの語源をたどると、驚愕の事実に気づかされるのです*1。以下はイタリア語辞書Treccaniからの引用です。

 

mutande s. f. pl. [lat. mutandae «da mutarsi» gerundivo di mutare «cambiare», sottint. vestes o sim.].

 

簡単にいうと、mutandeはラテン語由来で、"mutare(変える)"という動詞のgerundivo形(動詞的形容詞)からきており、"mutandae (da mutarsi)(変えなけえばならない)"という意味を持っている、ということらしいのです。

 

 

なんということでしょう。

なぜ私は、イタリア語を始めてからかれこれ8年間、この事実に気づかなかったのでしょうか。

こんな身近に答えが転がっていたにもかかわらず、長年無意味に頭を悩ませてきたことを、私は恥じます。恥じ入ります。

 

 

 

 

 

 

 

今日からちゃんとパンツ変えます↓*2

f:id:k-lieux:20170710145429j:plain

*1:この事実に気付かせてくれたEさんに感謝したい

*2:イラストはHさんからのもらいもの