読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。時々日本語教育の話も混ざりますが仕様です。

【陽気なイタリア人】僕の友達バルテルくん

イタリア留学時に僕のルームメイトだったバルテルくん。仲間想いだけど、頭のネジが抜けてるpazzo(変人)。そんなバルテルくん(仮名)を彼の名言とともに紹介したい。

 

バルテルくんの発言集

 

「ちょうどいいとこに来た!飲みに行こうぜ!」

 

 

筆者が下宿先に赴き、初めて出会ったときの一言目。

 

 

「ビタミン?そんなものはサプリで補っているから問題ないね!」

 

 

バルテルくんは、主食は肉、飲み物は酒。野菜は絶対に食べない。究極の偏食主義者。そんな彼の残した秀逸な名言。

 

「今日から酒は飲まないよ!よし、新しく生まれ変わった俺に乾杯しよう!」

 

そんな偏食生活の結果、心臓に疾患を患うことになる。医者から不摂生を窘められ、野菜を食べて 酒を控えるように提言される。そんな彼が残した一級ものの名言。

 

 

 

「お互い顔が見えない方が盛り上がるじゃないか!」

 

かなりの「farfallone(女好き)」のバルテルくん。ベネチアのカーニバルで、お互い仮面をつけたまま事に及んだことがあるとのこと。その時に彼が残した彼ならではの名言。

 

 

「関係ないね!」

 

 

家でパーティーした時に、うるさすぎて近隣住民に警察を呼ばれる。

しかし懲りずに 次の日もパーティーを開催する。そして警察から厳重注意を受ける。

 

 

「この傷がなにかって?フォークとナイフでついた傷だぜAHAHAH」

 

ダーツが趣味で、よく家(借家)の壁にフォークやナイフを投げて遊ぶ。壁についた傷を質問された時の陽気な一言。

 

 

「水筒は恥ずいから、ワイングラスも持っていくようにしたぜ」

 

バルテルくんは毎日外で飲む。 お金がないときはビールやワインの瓶をバールの前まで水筒で持参し、仲間たちと楽しく飲む。しかし水筒が恥ずかしい事に気づいたバルテルくんがスマートな解決方法を思いついた時の一言。

 

 

 

そんなバルテルくんは、中国から超好待遇のモデルのオファーが来るレベルの金髪長身の王子様系イケメンでした*1

 

 

*1:当記事はFくん執筆です。