読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。時々日本語教育の話も混ざりますが仕様です。

【低俗注意】イタリア人とウンコの話 まさかのpart2【cacare】

イタリア人とウンコの話です。まさかのpart2です。自分でも信じられません。ウンコブログになってしまいます。

さて、イタリア語では「ウンコ」は悪い意味もあるけど、面白い使い方もあるよ、という話をしました。今回は悪い意味の話をしていきます。 

今回は「cacare カカーレ」という動詞について書いていますが、「merda メルダ (うんこ)」という名詞を使った表現も

 

あります。どう使うかというと、サッカーの試合を観戦しているときに、応援しているチームがミスしたときに使います*1。「メエエエエエルダアアアアア」と叫ぶだけの簡単なお仕事です。いずれそういう話も書きたいと思っています*2

「ウンコ」の話をするとどうしても筆がのるようです。お恥ずかしい限りです。さて話が逸れましたので元にもどします。

「cacare」の話でしたね。イタリア語には「andare a cacare (ウンコに行く)」という表現があります。そんなものイタリア語に限った話ではありますが。これを命令形にすると下のようになります。

Vai a cacare!  ヴァイ ア カカーレ

直訳すると、まさに「ウンコしてこいよ」です。日本語で「ウンコしてこいよ」といっても特に別の意味はありませんが、イタリア語の場合、「ふざけんなよ」みたいな意味があります。友達同士でふざけるときなどにも使えますので便利な表現です。イタリア人はよく使います。さらにこんな言い方もあります。

Mi fai cacare ミ ファイ カカーレ

直訳すると、まさに「お前が私にウンコをさせる」です。日本語ではもう何のことかわかりませんね。イタリア語では、「お前まじでむかつくよ」という意味です。かなりきつい言い方なのでシリアスな場面で使うことが多いです。あまり友達には使わないようにしましょう。これ、結構汎用性が高くて、「fai」のところを「fa」に変えれば、例えば「Quel partito fa cacare クエル パルティート ファ カカーレ (あの政党まじむかつくんだよね)」のように、いろいろなむかつくことに使うこともできます。かなり便利(?)です。

実はイタリア語は使役形「fare V」を用いた表現をよーく使います。例えば「piacere ピアチェーレ (好きみたいな意味)」と一緒に使うと下のようになります。

Mi fa piacere ミ ファ ピアチェーレ

そして意味は、「嬉しいね」とか、「喜んで(〜します)」みたいなものになります。これとcacareを結びつけた表現というわけです。

さて、ここまでcacareの話を書いてきたわけですが、まだ語り足りないので、part3を作ります

*1:もちろんこれは一例で、ムカついた時はいつでも使えます。

*2:※本気です。