ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

イタリア旅行で気をつけたい9つのマナー

これからの季節、イタリアへ旅行に行くという方も多いのではないでしょうか。どこへいっても美しいイタリアですが、日差しが強いので、帽子とサングラスを忘れずに持って行きましょう

 

さて、イタリアに行ったら、観光だけでなく、ご飯も、ショッピングも余すところなく楽しみたいですよね。そしてあわよくば現地の人と仲良くなって...なんてことも考えていらっしゃる方もいませんか*1。そこで今回は、そんな欲張りな皆さんの為に、イタリア旅行で気をつけたいマナーを欲張りセットでお送りします。現地に行ったら日本ではあまり気にされないことも向こうでは御法度ということがあります。イタリアのマナーに気をつけて、楽しいイタリアでのバカンスを送ってくださいね!

 

1.お店に入ったら大きな声で挨拶をする

日本ではお店に入ったら店員さんが甲高い声で「いらっしゃいますぇえええ」と言ってきますね。イタリアで「いらっしゃいませ」は"benvenuti!(よく来たね)"ですが、お店でこれをいう人はいません。イタリア人はお客さんが友達かのように"ciao(チャオ)"と気軽に挨拶してきます。そしたらこちらも"ciao!"と満面の笑みで返しましょう。挨拶をされたら挨拶をするのが礼儀です。この挨拶のやりとりがあるかないかで、その後のそのお店でのショッピングの楽しみ度が変わりますので、皆さん、ぜひ気をつけてください。大事なマナーの一つです。

 

2.カフェで長居をしない

日本ではカフェといえばリア充たちのたまり場で、カフェでパソコンを開いたり、本を読んだりして、長々と作業をするのがある種のステータスです。カフェといえばイタリアです。ですから、イタリアでも同じようにカフェでおしゃれに読書や作業を楽しみたい、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これはNGです。イタリアではカフェで長居をするのはマナー違反です。イタリア人にとってカフェはエスプレッソをサッと飲んで立ち去る場所。カフェでグダグダ長居をしてはいけません。

 

3.話すときはアイコンタクトをする

「話すときは相手の目を見て話しなさい」と言われた経験は誰しもあると思います。イタリアでも同じです。ただし、日本では、アイコンタクトのしすぎはNGです。アイコンタクトをしすぎない為に何度か視線を外すということをするのがマナーですが、イタリアでは視線をそらしてはいけません。話している相手の目をじっと見つめ続けるのがマナーです相手がどんなに面白い顔をしていても、決して負けずに相手の目を見続けてください。

 

4.鼻をすすらない

イタリアでは鼻をすするのはNGです。イタリア人にとって、鼻はすするものではなく、かむものです。鼻水があるときはすすらずにすぐにかんで綺麗にしてください。イタリア人にとって、鼻をすする音及び鼻を綺麗にせずにしている様は不快以上のなにものでもありません。鼻をかむことは恥ずかしいことではありません。すべての体液を搾り取る行き勢いでどんどんかんでいきましょう↓*2

f:id:k-lieux:20170802184553j:plain

 

5.あくびを見せない

眠いときはあくびが出ます。生理現象ですから仕方がありません。しかし、あくびをしてあなたの口の中を相手に見せつけてはいけません。必ず手をあてがうようにしましょう。日本ではあくびを平気で大口を開けてする人が見受けられますが、イタリアではマナー違反です。大口を開けた瞬間に警察を呼ばれると思ってください

 

6.麺の音を立てない

イタリアといったらスパゲッティ!食べたいですよね。わかります。たらふく食べてください。しかし、麺の音を立ててはいけません。日本では音を立てた方がいいとかいう謎マナーがありますが、音を立てるということは周りに飛び散るということ。イタリアでは決していいこととは捉えられません。決して音を立てて食べないようにしましょう。

 

7.公共交通期間で電話をする

日本では電車やバスの中で電話をすることはNGです。意味がよくわかりませんがNGです。うるさいからだそうですが、友達と話すのはOKです。意味がわかりませんね。イタリアでは、公共交通機関での電話はなんの問題もありません。むしろ、電話をすることが一種のステータスです。友達がいること、両親に愛されていることのアピールになりますから。ですから、皆さんがイタリア旅行にいってバスや電車に乗ることがあったら、誰かに電話をかけ大声で話してください。イタリア人もあなたの微笑ましい光景ににっこりすること間違いありません。

 

8.ライターを常に携帯する

イタリア人は日本人よりもタバコを吸う傾向にあります。そうすると必然的にライターをよく使うことになります。単純明快なロジックです。そんなときによく出会う場面が、イタリア人に「火をくれないか」と頼まれることです。そうです、あなたにもその依頼がくるかもしれません。依頼がきたのにそれに答えられないようでは困ります。

ライターを持たないことこれすなわち不法滞在と同じです。ですから必ずライターを携帯しておいてください。ライターの火はあなたの命の灯火です

 

9.可愛い子がいたらナンパをする

イタリアといえば美女!という方もいるかもしれません。そんな美女に街中で出会ったらどうしますか。あなたはそれを見て見ぬ振りするだけですか。ダメです。イタリアでは、ナンパをすることがマナーです可愛い子がいるのにナンパをしないというのは、相手に対する最大の侮辱です。必ずナンパをして下さい。うまく行くか行かないかが問題でありません。したかしないかが問題なのです↓

f:id:k-lieux:20170712222540j:plain

 

 

 

いかがでしたでしょうか。皆さん、ぜひイタリアでもマナーを守って素敵なイタリア旅行を楽しんでくださいね!

 

それではBuon viaggio!(良い旅を!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:別にイヤラシイ意味じゃないですよ

*2:イラストはHさんからのもらいもの