ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

名曲に見るイタリア人のあま〜い愛情表現

当ブログはどこからどう見ても新進気鋭の社会派ブログです。社会に様々な問題を投げかけ、その投げかけたすべての問題を高速を超える速さで取り下げてきました。

 

そして今回も、社会に全力で問題提起をして、全力で撤回したいと思います。今回のといかけは、「最近トイレに行くと赤い血が混じるけど、これは今の社会保障制度の落ち度を象徴しているのではないか。そういった些細な日常の苦しみをすくい取れない社会に日本はなったのではないか」というものです。当ブログはイタリア語・イタリア文化に対する考察を重ねてきましたから、今回も日本とイタリアを対照させて問題提起とその解決策を探ろうと思います。

 

 

取り下げます。

 

 

 

別の話題について語ります。「イタリア人の愛の深さについて」です。聞いてください。

 

イタリア人と関わりを持ったことがある人はいますでしょうか。関わりを持ったことがなくても、イタリア人は愛情深いというイメージを持っている方は少なくないと思います。イタリアといえば「愛の国」。あながち間違ってるとは言えません。

誕生日の日に恋人にバラをプレゼントする、毎日愛し合っている人とキスをする、結婚20年目でも仲睦まじく手を繋いで歩く...こういうことを平気な顔で、当たり前のようにできるのがイタリア人です。そう、イタリア人は「dolce(ドルチェ)(甘い)」なのです

 

日本人は愛に飢えていると思っています。愛に飢えているのに、それを表現することを恥ずかしがります愚かなことではありませんか? 愛に飢えているなら、それを表現して、心の穴を埋めるべきなのではないでしょうか? 毎日、毎分、毎秒、愛している人に「愛している」と伝えるべきなのではないでしょうか愛している気持ちを、気持ちだけで終わらせずに、形にするということが今の日本社会には求められているのではないでしょうか。もし、あなたが愛されていないと感じるのであれば、それはあなたが「愛していないから」です。

今隣に愛している人がいるなら、照れずにいいなさい。"Ti amo(愛している)" と。イタリア人は毎秒言っていますよ。"Ti amo"と。そう、"Ti amo"です。覚えましたか。さあさあ、エッビッバディ、セイ!

 

 

日本人は今こそイタリア人に「愛」を学ぶべきなのです。

 

 

 

イタリア人の愛情の豊かさはイタリアンポップにも現れています。ここではその中の一曲、 Tiziano Ferro(ティツィアーノ フェッロ)の「Indietro(インディエートロ)」という曲を紹介しましょう。

 

www.youtube.com

 

ティツィアーノ・フェッロはイタリアの超大御所歌手で、日本でいう森進一のような存在です。そんな彼の曲が歌う曲はどれも甘く、イタリア人を虜にしているのですが、"indietro"は、そんな彼の数々の甘い作品の中でも特に甘い作品だと私は考えています。

 

まず曲の冒頭が

 

Io voglio regalarti la mia vita

僕の人生を君にあげたい

Chiedo tu cambi tutta la mia vita, ora

今すぐにでも僕の人生を変えてほしいんだ

 

と、最初からフルスロットル全開で飛ばしています。

そして唐突に甘ったるいフレーズはやってきます。

 

Ti do questa notizia in conclusione

最後に、君にお知らせ(notizia)を渡すよ

 

Notizia è l'anagramma del mio nome, vedi

"Tiziano"っていう僕の名前を並べ替えると、"Notizia"になるんだよ

(つまり君に渡したのは僕自身さ)

 

 

きもおおああまあああああああああああああい!!!!

きもくない、あまあああああああああい!

あまい!!!↓*1

f:id:k-lieux:20170926214458p:plain

 

私はティツィアーノ・フェッロが大好きです。

彼の"rosso relativo"という曲がキッカケでイタリア音楽を好きになり、彼の様々な曲を聴いてイタリア語を覚えてきました。いわば彼は私の「師匠」です。

それほど彼に陶酔している私ですら、最初にこの歌詞を聴いたときは抱腹絶倒の衝撃を受けました。

そしてこのキモ面白さ甘さを誰かと共有したいという一心で、何人かの友達にこの話をしたところ、みんなに口をそろえて

 

「えッ、ロマンチックで素敵な歌詞じゃないか!」

というではないですか。

 

その時私はこう思いました。

あぁ、こいつらの頭はティラミスでできているんだな」と。

もうお前らのあたまは沸騰したコーヒーと一緒に溶けてしまえ」と。

 

イタリア人アーティストは大体「アモーレ(愛)」について歌っています。

アモーレに関する名曲が数多くあるので、みなさんもイタリアンミュージックに酔いしれて愛の神髄を感じてください。

 

それでは最後に私からも1つ「notizia(ニュース)」を。

 

 

 

 

Il “Dream” è l'anagramma della “Merda”

「夢(Dream)」を並び替えると「うんこ(Merda)」になるんだよ

 

 

 

 

 

 

くさああああああああああああああああああい!!!*2

f:id:k-lieux:20170712215913j:plain

*1:イラストは全てHさんからのもらいもの

*2:当記事はFくんの寄稿です