読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。時々日本語教育の話も混ざりますが仕様です。

『うんこ漢字ドリル』だと?じゃあこっちは『イタリア語うんこ活用ドリル』だ!

ショックです。 先を越されました。大変ショックです。 最近巷で『うんこ漢字ドリル』というのが話題です。漢字を面白おかしく学ぶために、すべての例文に「自然にうんこを紛れ込ませること」に成功したというドリルです。 日本一楽しい漢字ドリル うんこか…

イタリア人は海賊だ

0.序 1.問題設定 2.問題解決のための手順 3.海が好き 4.宴好き 5.酒好き 6.音楽が好き 7.女好き 8.体毛が濃い 9.まとめ 0.序 こないだ街角で街頭インタビューをしようと思って立ってました。 何を、なんのために聞くのか。 「イタリア…

イタリア人はお酒を飲んでいるとヒジが上がるらしい

訳のわからないタイトルから、訳のわからない中身の記事を書くという、いつもの様式美ですが、今回はイタリア語のお酒に関わる表現を少し考えてみました。 イタリアといえばお酒でしょう? イタリアといえば、ワイン。そんなイメージを持っている人も少なく…

イタリア語を勉強するとデメリットもあるって

私には竹馬の友のFくんという人がいる。ちなみに彼は面長なので、私は密かに面と向かって、そして何よりも敬意をこめて、彼のことをお馬さんと呼んでいる。 そう、彼は竹馬の友ならぬ、竹友の馬。タケトモノウマ イタリアで知り合ったタケトモノウマ タケトモノウマ*1↓ 彼は以前…

イタリアで日本人があう差別なんてほとんど中国に対する偏見

悲しいですが、地球上どこにいっても差別をする人はいます。あなたがどれだけ声高に人類愛を叫んでも、差別をする人は絶滅しません。差別を決して受けいれてはいけませんが、差別をする人たちにむやみやたらに反応してもいけません。どこかで割り切るしかな…

【和訳】"Meraviglioso" - Domenico Modugno, Negramaro

"Meraviglioso"とは 歌詞と全訳 解説っぽいなにか Domenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ)とは "Meraviglioso(メラビリオーゾ)"を解説*1 何について語っているのか 曲の語り手 素晴らしきものとして挙げられているモノ Negramaroによるカバー 何を読み取…

大物イタリア人ユーチューバーとコラボします

1.ブログのアクセス数を伸ばしたい 2.というわけでアクセス数を伸ばすためには何をすればいいのか 3.イタリアとユーチューブ 4.そこでコラボするユーチューバー 5.ルカくんとはだれなのよ 6.暗黒★紳士さんを紹介しよう 7.これでアクセス数が跳…

返事に困ったときは寝ればいいじゃない、イタリア語だもの⭐️

というわけのわからないタイトルをつけてみました。わけがわからなくても話は続きますよ。 さて、みなさんは 「すぐに返事できない、だからもう少し待ってほしい」 そんな経験ありませんか。 ありませんか。 そうですか。 でも話は続きますよ。 すぐに返事が…

イタリアには合コンなんてないんだって

なんかあまりにもくだらないことを、私の竹馬の友のFくんが真剣な顔をして熱く語ってきた。いや、顔が縦に細長いのでどちらかというと竹友の馬のFくんといった方がいいかもしれない。ちくゆうのうま 彼は私が留学中にイタリアで仲良くなったちくゆうのうま …

【ナポリの話】すごーい君はスリが得意なフレンズなんだね!

みなさんは、イタリアのナポリという町を知っているだろうか。 南イタリアで有名な町の一つであり、美しい歴史的港町、美味しいピザ、暖かい人々、そんなイメージがあるかもしれない。 ただ、気をつけてほしい。この町は軽犯罪がハンパないことで有名だ。 そ…

イタリア人は浮気性か

というクラシックな問題に取り組むに当たって、先に述べておかなければならないことがある。 当記事が勝手な印象に基づいた適当な記事であるということである。 そこのあたりを理解して読み進めていただければ幸いだ。 さて、「イアリア人は浮気性ですか」と…

【アリーヴェデルチ】ブチャラティの必殺技の言い方を直してほしい【さよならだ】

ずいぶん前から思っていたことがある。 『ジョジョの奇妙な冒険』の5部に出てくる登場人物の一人に、ブローノ・ブチャラティという最高にイカすやつがいる。あいつのスタンド(要は特殊能力)も最高にイカす。そのカッコよさをここで絵つきで紹介することがで…

【陽気なイタリア人】僕の友達バルテルくん

イタリア留学時に僕のルームメイトだったバルテルくん。仲間想いだけど、頭のネジが抜けてるpazzo(変人)。そんなバルテルくん(仮名)を彼の名言とともに紹介したい。 バルテルくんの発言集 「ちょうどいいとこに来た!飲みに行こうぜ!」 筆者が下宿先に赴き…

空耳イタリア語

外国語がわからない時のあるあるが、「空耳」。ぜんぜん関係ないのに日本語に聞こえてしまうというアレ。イタリア語にももちろんあります。 有名なやつは、"cazzo(カッツォ)"が「カツオ」に聞こえるというアレですね。"cazzo"は「ちんちん」、でも日本語では…

【アモーレ長友】こんな長友は嫌だ

僕のアモーレですね。イタリア語で「愛する人」という意味なんですけど。音節で分けると"a"、"mo"、 "re"で、アクセントは第二音節にある感じっすね。「アモーレ」の語源はそうですね、いくつか説があるみたいなんですけど。一つはサンスクリット語の「欲求…

【agnostico】私とイタリア語と宗教と【ateo】

皆さんは、自分が「なに教」なのか考えたことがありますか。 仏教、神道、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教…思いつくだけでもたくさんありますよね。 私は一応「日本人」として生まれ、「日本人」として育ちました*1。 そして宗教のことは一切知りません…

【おしり】イタリア語にはおしりに関する表現が多すぎる問題【culo】

座学で勉強していると全然出会えないのに、実践ではよく出会うイタリア語は"culo(クーロ)(おしり)"です。 ほかにはありません、「おしり」一択です。 なぜイタリア語の教科書には「おしり」が出てこないのか。皆目見当がつきませんが、実際の会話ではよく使…

イタリアのいじめ防止啓発動画が面白かった

イタリアのいじめ啓発動画が面白かったので紹介します。 Fondazione Milano (ミラノ財団 )が作成した動画のようです。 Creatività, talento, passione | Fondazione Milano イタリア のいじめ防止啓発動画 動画概要(2:19~2:53) 動画解説 映像とことばのかけ…

【低俗注意】イタリア人とウンコの話【merda】

社会派ブログとしての役割を果たすべく、以下の論文を発表する。 イタリア人とウンコの関係に関する一考察 1.本論文の目的 本論文では、イタリア語の名詞"merda(メルダ)(うんこ)"を対象に、イタリア人と「ウンコ」の間の関係性を明らかにし、クソみたいな記…

イタリア語会話のテクニック:ことばにつまったときに使おう編

以前こんな記事を書きました。 k-lieux.hatenablog.com この記事では、相手の話がよくわからないとき、黙らないためになんとかこちらの反応を見せるための表現を書き殴りました。 そこでは、話の流れには「相手から自分」と「自分から相手」の少なくとも二つ…

日本人がイタリア語を勉強するべき4つの理由

「イタリア語を楽しく勉強しよう」を言い訳にモットーに普段は役に立たない記事をネットに撒き散らしている当ブログですが、たまには少しくらい役に立つ(かもしれない)ことを書きたいんです。 今回は「日本人がイタリア語を勉強するべき理由」というのを(簡…

イタリア語会話のテクニック:こちらの反応を相手に見せよう編

誰でも外国語を学んですぐの実践では、すぐに必要な単語や表現が出てこないということがあると思います。私もイタリア語を初めて実践で使った時に、話したいことはあるのにうまく言えない、言いたいことはあるのに言葉が出てこなくて話の腰が折れるというこ…

イタリア人にモテるためにやるべきたった12つのこと

皆さん「イタリア」って知っていますか。そう、男なら誰でも一度は憧れる、あのイタリアです*1。 一度はイタリアに行ってみたいと思いませんか。そして、少しくらいイタリア人にモテてみたいと思いませんか。 そんなあなたに、私が考察に考察を重ねたイタリ…

中〜上級者向けのオススメのイタリア語参考書

たとえば、いきなり、「イタリア語を勉強するゾ!」と思い立っても、なかなかどこから手をつければいいかわからないかもしれません。事実、私の場合はそうで、手当たり次第参考書を買いあさりました。 で、結局できるようになったかというと、あまりできるよ…

「中二病」をイタリア語でなんというか

を考えていました。 すっかり世間に定着した「中二病」(または表記違いの「厨二病」)という言葉について、対応するイタリア語を考えてみようというお話です。 最初は、私もこの言葉がどういう意味なのかさっぱりわからなかったのですが、いつの間にかだいぶ…

イタリア語を勉強するためのオススメサイト

イタリア語をある程度勉強したあとには、やはり実践につなげたいと思うのが普通ではないでしょうか。実践というと、やはり会話、ということになると思いますが、そうは言っても、相手がいない限り、会話はなかなかできるものではありません。 そこで座学で何…

【感想】荒川(2016)『日本語教育のスタートライン』

日本語教師という職業に関わるようになってから、まだそんなに月日が経っているわけではないのですが、縁あって来年度からある専門学校で日本語教師養成講座を担当することになっています。おそらく、日本語学(か言語学)を担当することになるのですが、とに…

【低俗注意】イタリア人とウンコの話 まさかまさかのpart3【cacare】

イタリア人とウンコの話、まさかのpart3です。自分でもこんなに長くなるとは思っていませんでした。もうウンコブログでいいです。 ここまで「cacare」の話を長々としてきました。「cacare」の面白い使い方から、かなりマイナスの意味を持つ低俗な使い方まで…

【低俗注意】イタリア人とウンコの話 まさかのpart2【cacare】

イタリア人とウンコの話です。まさかのpart2です。自分でも信じられません。ウンコブログになってしまいます。 さて、イタリア語では「ウンコ」は悪い意味もあるけど、面白い使い方もあるよ、という話をしました。今回は悪い意味の話をしていきます。 今回は…

【低俗注意】イタリア人とウンコの話【cacare】

イタリア人とウンコの話です。 といってもイタリア人が嫌な奴だとかそういう話ではありません。あくまでも彼らの使うイタリア語の中に頻繁に出てくる「ウンコ(cacare カカーレ)」*1についての話です。 日本語でも、「あいつクソ野郎だよな」とか「クソ!失敗…

オススメのイタリア語参考書:初学者向け

私は基本的に独学でイタリア語を勉強しました。これは別にイタリア語を一人で習得したということではありません。独学でしたから、実際にイタリアに留学した際、最初は何にもわかりませんでした。なので結局は周りのイタリア人の言っていることを見よう見ま…

イタリア語スピーチコンテストで勝つためには:テクニック編2

「イタリア語スピーチコンテストで勝つためには」の雑多なテクニック編の②です。こんなに長くなるとは思いませんでした。書いているうちにいろいろ書きたくなってしまいました*1。 体を使ったパフォーマンスは避けよう スピーチコンテストはあくまでも「スピ…

イタリア語スピーチコンテストで勝つためには:テクニック編

ここではスピーチをするにあたって最低限守ったほうが良さそうなテクニックを書いていきたいと思います。何度も繰り返しますが、絶対そうしなければならないというものではありません。 イタリア語が「ある程度」できなければならない これは「イタリア語」…

イタリア語スピーチコンテストで勝つためには:スピーチ内容編

「イタリア語スピーチコンテストで勝つためには」、内容編です。スピーチコンテストでは、中身がかなり重視されます。ではどんなことを書けばいいの?というところでまず悩まされますが、私なりの意見を書いていきたいと思います。 どんな内容が受けるか こ…

イタリア語スピーチコンテストで勝つためには:大会編

タイトルの通りですが、イタリア語スピーチコンテストで勝つためにはどうすればいいのか、ということを備忘録として書いておきます。 「スピーチコンテストで勝つためには」というタイトルにしなかったのは、私自身がイタリア語のものにしか出場したことがな…

2017年はチャレンジの年に...

2016年ももう終わりという中でブログを開設しようと思い立ちました。 特に理由はありませんが、いろいろ経験させていただける立場になってきて、一つ一つの出来事が濃くなり、それを書き残していきたいと思ったのが一番の理由です。 基本的に何事も誰かと共…