ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

「中二病」をイタリア語でなんというか

を考えていました。

すっかり世間に定着した「中二病」(または表記違いの「厨二病」)という言葉について、対応するイタリア語を考えてみようというお話です。

最初は、私もこの言葉がどういう意味なのかさっぱりわからなかったのですが、いつの間にかだいぶ市民権を得ているように思えます。調べてみるとWikipediaにも項目が載ってるんですね。

Wikipediaを引用するのはフォーマルな場面では決して許されませんが、当ブログは全くもってフォーマルな場所ではないし、「中二病」を一から調べる気にもならないので、知らない人のために、Wikiの引用を引っ張っておきます。

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング

(Wikipedia 中二病より アクセス日時20170103) 

ですから、基本的には「自分の能力を大きく見せたがる人」、ということになるかと思います。承認欲求の一つでしょうね。

さて、「自分の能力を大きく見せたがる、中二病的な人」はどこにもいるもので、もちろん、イタリアにもいるわけです。そこでイタリアでは「中二病」を何て言うのか考えていたわけですが、当然、これを直訳しても意味がありません。

続きを読む

イタリア語を勉強するためのオススメサイト

イタリア語をある程度勉強したあとには、やはり実践につなげたいと思うのが普通ではないでしょうか。実践というと、やはり会話、ということになると思いますが、そうは言っても、相手がいない限り、会話はなかなかできるものではありません。

そこで座学で何ができるかというと、生の会話やイタリア語を聞けるリスニングではないでしょうか。イタリア人の使うイタリア語は、文法書などで聞くイタリア語とは、スピードももちろんですが、使うイタリア語も少し異なっています。

そこで、そういった生のイタリア語を聞けるサイトをいくつか紹介したいと思います。

続きを読む

【感想】荒川(2016)『日本語教育のスタートライン』

日本語教師という職業に関わるようになってから、まだそんなに月日が経っているわけではないのですが、縁あって来年度からある専門学校で日本語教師養成講座を担当することになっています。おそらく、日本語学(か言語学)を担当することになるのですが、とにかくどこから始めればいいのかわからない。

というわけで、少しづづ勉強をしていかないといけないなあ、と思いまして、思い立って購入したのが、荒川洋平著『日本語教育のスタートライン』という本です。

日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書

日本語教育のスタートライン 本気で日本語教師を目指す人のための入門書

 

 副題なのか、タイトルの一部なのかわからないですが、「本気で日本語教師を目指す人のための入門書」という文言もついています。「日本語教師を目指す人のための入門書」と書かれていましたが、それは、逆に「日本語教師を目指す人に何を、どういう風に教えられるか(教えるべきか)」のヒントにつながると思って、購入しました。

ということで、

続きを読む

【低俗注意】イタリア人とウンコの話 まさかまさかのpart3【cacare】

イタリア人とウンコの話、まさかのpart3です。自分でもこんなに長くなるとは思っていませんでした。もうウンコブログでいいです。

ここまで「cacare」の話を長々としてきました。「cacare」の面白い使い方から、かなりマイナスの意味を持つ低俗な使い方まで紹介しました。さて、最後に(今度こそ最後です)、「cacare」という動詞の南北差について書いてみたいと思います。

イタリア語は、地方ごとの方言の差がすごいことで有名です。特に北と南では、イタリア語がだいぶ異なるという話は皆さんも聞いたことがあるかもしれません。どれだけ違うかというと、例えばシチリア方言は、語彙も文法体系も全く異なった別の語であると言われるく

続きを読む