ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

「かんじゃった」というフレーズをかんじゃう罠

私は、滑舌が悪いです。けっこうハチャメチャに悪いです。何かを発言するたびにかみます。かみまくります。

特に緊張すると、口が思考を置いてきぼりにして、ひたすらに文節ごとにかみまくるという大道芸も持っています。

母語である日本語ですらこんなにかんでしまうのですから、イタリア語になるともはや、言語の原形を留めないくらいかみまくります。

イタリア語をかみまくってると、私の友人は、「落ち着け、慌てることはない。どうした、一大ニュースか?」と心配してくれます。おお...ありがたきお言葉...

でも、違うのです。一大ニュースでもなんでもないのです。ただ、ひたすら、ただひたすらにかんでいるだけなのです。おお...もう...この辱め...

なので、私は、かんでしまったときに、「かんじゃった」と一言言えるようにしたいと思いました。

 

f:id:k-lieux:20180202131331j:image

 

「かむ」というのは、おそらく「舌をかむ」という慣用句からきています。ですから、このような慣用句が(たぶん)ないイタリア語で、同じように表現しても相手には伝わりません。

それでは、イタリア語で「かんだ」はどのように言うのでしょうか。もうはるか昔の話ではありますが、イタリアの友人に聞いてみたところ、イタリア語では、以下のような表現を使うそうです。

 

impappinarsi

インパッピナルスィ

「口ごもる/しどろもどろになる」

→かんじゃう

 

そうです、インパッピナルスィ。ですから「かんじゃった」は過去の形(近過去)にして、

 

mi sono impappinato 

ミ ソーノ インパッピナート

「かんじゃった」

 

とします。

 

インパッピナルスィ

このフレーズさえ覚えておけば私は無敵、とあいなるわけです。対面会話においての完全勝利は目前です。

 

 

インパッピナルスィ

しかしどうにもこのフレーズは、「かんじゃった」と言うには言いにくすぎやしませんか。

 

 

「あ、ごめんごめん、ミソーノインパッピナート!」

 

言いにくい。

 

 

「かんじゃった」というのに「かんじゃいそう」とは、これいかに。

 

 

 

つまりこうだ。

 

「あ、ごめんごめん、ミソーノイッピエ...!」

 

「かんじゃった」をかむ

こうなると、次はこうだ。

 

「あ、ごめんごめん、ミソーノインパッピナートをミソーノインア@ピェ!」

 

「「かんじゃった」というのをかんじゃった」をかむ

 

 

 

最高だ。ただひとこと、かんじゃったと言いたいだけなのに、一人で泥沼にハマっていく。

 

 

「かんじゃったをかんじゃったをかんじゃったをかんじゃに∞(以下無限∞)」

 

 

しかも、フレーズが長くなるたびに、一つ一つの「かんじゃった」に注意を払わなければならなくなる。最後に行き着くまでにどっかでかむ自信がある。

 

 

というか、そもそも

 

ミソーノインパッピナートが「かんじゃった」というには長すぎやしませんか

 

 

 

もう、私は黙るしかないのでしょうか。

 

 

 

 

あーん(><)

 

イタリアがW杯に出られなくてよかったとイタリア人が語っていた

私の友人Fくんは、生粋のインテリスタ(イタリアのサッカーチーム、インテルナツィオナーレのファンのこと)です。

f:id:k-lieux:20180108172126p:plain

彼はインテル永遠のカピターノ(キャプテン)、ハビエル・サネッティが大好きです。

カピターノの本、読みますか? マジ感動しますよ。

私は、サッカーにあまり興味がないので、お誘いを受けるたびに、「いいえ、結構です」と断固お断りさせてもらっています。

また、Fくんは、生粋のイタリアバカでもあります。どれくらいイタリアバカかというと、毎食、ピザ、パスタ、ジェラートのヘビロテを組んでいるくらいです。

朝食がピザ、昼食がパスタ、夕食がジェラートです。

最近、Fくんは太ってきたかもしれません。

 

そして、Fくんは、イタリアが好き過ぎるあまり、日本ディスも忘れません。

日本人は第二の人生というものを認めない傾向がある。一度の失敗をあげつらうな!

ほう。

 

日本は無意識の差別が多すぎる。もっと多文化共生に目を向けろ!

なるほど、深みがあることを言うじゃないですか。

 

ほうれん草のおひたしとはなんだ!野菜はオリーブオイルと塩で食べろ!

はい?

 バルサミコ酢も欠かせないぞ!お前ら日本人の舌はどうなってんだ!

おまえの頭はどうなってんだ。

 

とまあ、インテリスタでイタリアバカなFくんですが、今回イタリアがW杯に出られないことに、大変意気消沈しています。イタリアがW杯出場を逃すのは、なんと60年ぶり。1おじさんくらいの時が経っています

www.nikkei.com

 

イタリアのいないW杯なんて、生地のないピザだよぉ...パンのないパニーノだよぉ...

と意味不明なことをうわ言のように繰り返すくらい意気消沈していました。

 

こないだ、そんな傷心中のFに連れられて、上野のジェラテリーア(アイスクリーム屋)に行ってきました。

彼によると、ここがまあ美味しいらしく、何がいいかというと、

 

・毎日手作りで作り置きをしない。

・味が濃厚

・値段が安い

 

とのことでした。

私も期待に胸を膨らませて一緒に行ってきました。それが、ここです↓

ジェラテリア マンマミア | 湯島白梅商店会 - 公式ホームページ -

 

ジェラテリア マンマミア」、日本語にすると、「アイスクリーム屋なんてこったパンナコッタ」。

 

Fくんはイタリアバカなので、やめとけばいいのに、店長さんにW杯の話題をふりました。サッカーバ熱狂的なファンが多いイタリアのことなので、店長さんもさぞかし悲しみに打ちひしがれていると思いきや、彼の口から出てきたことばは意外なものでした。

 

È meglio così(エ メッリョ コジィ; これでいいんだ)

 

この返答はFくんには意外だったらしく、その先を食い入るように聞いていました。

 

イタリアではサッカーが生活の中心に据えられてしまっている。

もしイタリアがワールドカップに出場し、あまつさえ勝ち進んでしまったらワールドカップ中のニュースはどの局もサッカー一色になってしまうだろう。

国内では税金や政治など様々な問題が山積みなのに、人々はイタリア代表の試合結果にしか興味を示さなくなってしまう。

人生にはサッカーより大切な事が多くあるので、これを機に国が直面している問題をそれぞれしっかりと考えてほしい。

 

さすがのイタリアバカでインテリスタのFくんも、これには神妙な面持ちでした。

イタリア人にとってサッカーは重要な存在で、文化として生活に根付いています。日本でも野球の広島カープによる広島県内での経済効果が年間約350億円と言われていますが、イタリアで はサッカーが経済だけではなく政治や人々の生活にまで影響を及ぼします

www.energia.co.jp

当然多くのイタリア人は自分たちがワールドカップに出場できないことを悲しんでいるとは思いますが、ジェラート屋の店長さんのようにこれをチャンスだととらえる人もいるのはとても新鮮でした。

 

さて、話を一通り聞いたFくんは、神妙な面持ちで、

インテルの試合が始まっちゃうんで、先帰りますね。

と私を置いて先に帰っていきました。

 

それは、神妙な面持ちで言うセリフではないぞ、と言いたかったのですが、そんなこと言っても彼の耳にはきっと届かなかったでしょう。

 

 

 

 

このあたりで、私はこの記事で言いたいことがよくわからなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、その、アレです。アレアレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてこったパンナコッタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃないな。

 

 

 

 

 

 

イタリアのおもしろ名字

私のように平平凡凡の名字だと、珍しい名字が羨ましくなったりします。かっこいいとか、おしゃれとか、名字の持つイメージというのは絶大です。そして、時には、想像だにしないおもしろ名字というのも存在します。

どの国にもおもしろ名字が存在すると思いますが、イタリアとて例外ではありません。

そんなイタリアのおもしろ名字に関するビデオを見つけました。

 

www.youtube.com

 

このビデオの冒頭に出てくるのは、ナポリにあるおもしろ名字です。最初に出てくるおじさんとリポーターのやりとりはこんな感じです。

 

リポーター:Buongiorno, piacere. Gaetano?(おはようございます、はじめまして。ガエターノさんですか?)

おじさん :Gaetano Mastronzo.(ガエターノです。でも、クソ野郎です」

 

そう、このおじさんの名字はMastronzo(マストロンツォ)です。イタリア語のmaは「しかし」「でも」などの逆接の接続詞で、stronzoは「クソ野郎」という最高のparolacce(パロラッチェ;汚いことば)です

したがって、おじさんが自分の名前を紹介する時に、Gaetano Mastronzoと言えば、それは、「ガエターノです。でも、くそ野郎です」となってしまうわけです。

 

おもしろ名字としては、他にも、

 

trentacapelli

トレンタ カペッリ

「髪30本」

というなんとも直球の名字から、

 

malinconico addololato

マリンコーニコ アッドロラート

「深く悲しむ憂鬱な」

というなんともブルーな名字まで、

 

たくさんのおもしろ名字が挙げられていました。

 

さらに、名字と名前の組み合わせとしておもしろいものとして、

 

Zoccola Immacolataさん

ツォッコラ インマコラータさん

「純潔な売春婦さん」

 

というのも挙げられていました。日本語では「清純派AV女優さん」という感じでしょうか。

 

私の友人にもMezzasalma(メッザサルマ; 遺体半分)やVacca(ヴァッカ; 雌牛、売春婦)などといったおもしろ名字がいました。二人とも気さくなとてもいい友人です。

 

さて、こういったおもしろ名字は、イタリア語をある程度知っていないと笑えないわけですが、我々日本人にとっておもしろい名字というのもあります*1

例えば、イタリアにはmurabito(ムラビート)という名字があります。そうです、「村人」です。あのドラクエとかで有益な情報をくれる「村人」です。主にシチリアを中心に存在しているようです。以下のリンクには、イタリアの地図と、村人さんの出現位置が示されています。

www.cognomix.it

 

ですので、もしイタリアに行かれる予定のある勇者の方々は、ぜひ、シチリアから北上していってください。そう、あのイタリア統一を成し遂げたガリバルディのように。

 

f:id:k-lieux:20180106150452p:plain

 

私の友達にも、我々日本人にとってのおもしろ名字を持っている方がいました。その方の名字はMargari(マルガリ)と言います。言わずもがな、「丸刈り」です

 

そして、名は体を表す、ということで、彼は...

 

 

 

 

 

いやいや、みなまで言いません。ご想像におまかせします*2。彼もとてもいい友人です。

 

 

以下にイメージイラストを貼っておきますが、私の友人とは全く関係ありませんのであしからず。いいですか、全く関係ないですからね?

f:id:k-lieux:20180106150532p:plain

 

 

そんな丸刈りくんは、南イタリアのバーリ出身です。

 

 

ですので、村人と丸刈りの両方に会えるのは、南イタリアということで、何かの機会があった時に、彼らを探しに行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

探しに行ってみてください...?

 

 

 

 

 

 

 

なんで?

 

*1:日本人というか、正確には日本語を知っている人、ですね。

*2:ちなみに、彼は日本語を勉強しており、その意味をよく知っていました。

当ブログに関する雑感

あけましておめでとうございます。

 

当ブログは、基本的に中の人が表に出ないようにしているのですが、個人的に申し上げたいこと(主に感謝の気持ち)があるということと、このしょうもないブログについても自己紹介的に簡単に述べておいてもいいかな、と思い雑感を書く次第です。

 

  • 感謝の気持ち

当ブログを開設してから1年が経過しました。最初は1日の平均PV数0~2だったものが、次第に10になり20になり、月によっては120くらいいくときもあるようになりました*1

こんなしょうもないブログを見てくださる方がいらっしゃるという事実だけで、私は毎日ごはんを美味しく頂いています。また、見るだけに飽き足らず、読者登録をしてくださったり、スターを残してくださる数奇な方もいらっしゃって、そんな奇怪なことが起こるたびに、パソコンの向こう側で喜びの舞いを踊らせていただいております。

ちなみに、読者の数は、今現在37ということで、決して多くはないと思います。ただ、こんな奇々怪々な当ブログの読者になってくださる方々のブログを拝見していると、お世辞抜きにして、文章や構成がわかりやすく、大変レベルの高いことをお書きになっており、皆様の知見と力量に驚かされます*2。読者の数は決して多くないですが、そうした読者の皆様を誇りに思うと同時に、それが私のブログ執筆の活力になっています*3

 

  • 当ブログそのものついて

本来は、イタリア語をおもしろおかしく学ぶということをテーマに、イタリア語の勉強サイトを作ろうと思っていました。しかし、イタリア語についての記事を書き出してみると、私が何も知らないという事実に否が応でも気付かされ、筆がすぐに止まってしまう、ということで、まったくもって方向性がよくわからないブログになってしまいました。

そんな迷子の子羊ブログなのですが、最近では、「忙しい」という魔法のフレーズにかまけて、月に2回くらいの更新頻度になってしまいました。今後更新のペースが上がることはあるのでしょうか*4

ちなみに、当ブログは、唯一無二の親友のFくんの叱咤激励と、Hさんというイラストレーターに支えられています*5スペシャルサンクス。

f:id:k-lieux:20180104014739p:plain

 

 

  • 当ブログは何を目指しているのか

当ブログは何も目指していません。溢れ漏れ出るイタリアに対する思いを綴っているだけです。

 

  • 当ブログで読まれている記事

そんなものはありません、と言いたいところなのですが、あくまでも相対的にこれが人気と言うのはあるので、何かの拍子で当ブログを覗かれた方は、このあたりから読んでいくと、当たり障りが無くて不快な思いをしなくてすむのではないでしょうか。

 

一番読まれている(だろう)記事はこちらです。ジョジョの奇妙な冒険という漫画のイタリア語について書きました。圧倒的検索流入率です。やはり、ジョジョは強い。個人的にも好きな記事です。

k-lieux.hatenablog.com

 

二番目に読まれている(かもしれない)記事はこちらです。日本人にとってイタリア語はこんなにも学びやすいということを書いた記事です。結構気合を入れて書いたので、こちらが読まれているのは私としてもとても嬉しいです。皆さん、結構真面目なのがお好きなようで。 

k-lieux.hatenablog.com

 

そして、三番目に...と言いたいところなのですが、後は有象無象で目くそ鼻くそのどっこいどっこい記事なので、割愛しておきます。皆様のお目汚しで、貴重なお時間をいただくのが申し訳ないくらいの記事ばかりです。

 

  • 個人的におすすめの記事

無くはありません。

 

以下は、私の友人であるアダルベルトくんについて書いた記事です。彼は、私の中のザ・イタリア人で、言動および行動がおもしろいので、また彼について何か書いてみたい、と思っていたらもうこんなに時が経ってしまいました。 

k-lieux.hatenablog.com

 

筆がおそすぎて時代の流れに乗れない当ブログなのですが、こればかりはどうしてもということで、急いで一生懸命書いた記事です。結構疲れました。

k-lieux.hatenablog.com

 

私の友人Fくんが一生懸命合コンについて語ってきたので、一生懸命記事にしました。

k-lieux.hatenablog.com

 

  • ということで

今年も皆様のお目汚し記事を書いていきますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします*6

 

【2018年1月4日 夜3時ごろの駄文でした】

 

 

 

 

*1:最近は更新頻度が低いせいか、平均80くらいまで落ちました。

*2:そして、アワアワオドオドします。

*3:読者ではない方でも、定期的に見に来てくださる方もいらっしゃるようで、そちらも大変な労力なのではないかとお察ししますが、その労力が私のブログ活力になっていますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

*4:下書きは山のようなボツネタでいっぱいです。当ブログの記事などそよ風が吹けば飛んでしまうような内容なのに、そのボツネタにいたってはもはや形をなさない「何か」です。

*5:下のイラストは使い道が思いつかなかったHさんからのイラストです。供養しておきます。

*6:雑感記事に関しては、これに追記をしていく形をとるかもしれません。