ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

みんなぁ!ピンコパッリーノってしってるかい?

皆様は、イタリア語のpinco pallinoという言葉をご存知ですか。カタカナで書くと、ピンコ・パッリーノ、ひらがなで書くとぴんこ・ぱっりーの、間に★を入れると、ぴんこ★ぱっりーのです。

 

好きな日本語はなんですか、と聞かれた時に、高田馬場とか大根おろしとか答えた留学生がいましたが、仮に私が好きなイタリア語はなんですか、と聞かれたら、まず間違いなく、ぴんこ★ぱっりーのと答えます。

 

理由は簡単です。なんか響きがかわいくて、そしてなんかちょっとえっch...からです。

 

なんか、まず、「ピンコ」って響きがちょっとアレに似てません?

そう、アレです。アレアレ。

 

 

 

 

 

 

 

「ち◯こ」だと思った方...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご名答。あなたは名探偵コナンか。

 

 

pinco (ピンコ) とは、あほう・まぬけが本義ですが、地方によっては「ち◯こ」の意味でも使うみたいです。なんという日本語とのニアミス。

 

それでは、pallino (パッリーノ) は何でしょうか。

ヒントですが、この言葉は、palla (玉) に「小さいこと」を意味する-ino (イーノ) がついたものです。

さあ、もうわかりますね...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマタマだと思った方...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大外れです。残念!

 

 

pallino (パッリーノ) はビリヤードの玉とか、「固執」「固定概念」などと言った意味です。

なので、ピンコパッリーノは、「ちんちんたまたま」ではなく、「あほうの間抜けの固定概念」となりますね。

 

 

でも、言葉の面白いところは、そういう1+1の意味からは出てこない意味が出てくることです。

実は、ピンコパッリーノは、「どこの馬の骨かわからぬ人」という意味です。

 

 

 

ということで、なんだかえっcなぴんこ★ぱっりーの、機会があったらぜひ使ってみてくださいねぇ!

 

馬「お父さん、僕に娘さんをください!」

父「ばかやろう、本当のウマが来てどうすんだ!」

 

f:id:k-lieux:20180421182043p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア語のおもしろい表現を6つどうぞ

イタリア語でおもしろいと思った表現を、適当に6つピックアップしてみました。選んだ理由と数には何の意味もありません。色々集めては見たものの、一つの記事にはなりそうになかったものの寄せ集めです。Hittonさんのイラストを楽しむだけの記事です。

 

1.水の外の魚のような気分だ

 

mi sento un pesce fuor d'aqcua

ミ セント ウン ペッシェ フオール ダックア

「居心地が悪い」

 

日本語には、活き活きとしていることを指して「水を得た魚」なんて表現がありますが、イタリア語にはその逆の、「水を失った魚」のような表現があります。同じことを、il terzo incomodo (イル テルツォ インコーモド) なんて言うこともあります。こちらは、「不快な第三者」くらいの意味です。

 

f:id:k-lieux:20180421133556p:plain

 

ちなみに、イタリア語では、「水を得た魚」は、un topo nel formaggio (ウン トーポ ネル フォルマッジョ) 、「チーズの中のネズミ」と言うそうです。可愛いですね。まあ、ネズミはチーズは食べないらしいですけど。

 

2.お店を開いてます

 

avere la bottega aperta

アベーレ ラ ボッテーガ アペルタ

「ズボンのチャックが開いている」

 

日本語では、「社会の窓が開いている」なんて言いますよね。つまり、チャックのその先には、一つの社会が形成されているということでしょう。民主主義だといいですね。それで、きっとそこには国会があって、内閣が組織されてて、あーだこーだで... ズボンの中ってすごいですね。

イタリア語では、そこはお店扱いです。チャックが空いていることを注意されたら、「いやぁ、今日は売上がいいんだよぉ」と答えましょう。売上とはオシッk

 

3.ビール全部で

 

a tutta birra

ア トゥッタ ビッラ

「全速力で」

 

はじめて教えてもらったときは、全然想像もつかない意味であることに驚きました。ワンピースのフランキーはコーラで動いていますが、イタリア人はビールで動いているということなのでしょうか。

はい、そうです。確かに彼らはビールで動いています。間違いありません。

 

f:id:k-lieux:20180421144904p:plain

 

4.ドーナツ

 

ciambella

チャンベッラ

浮き輪

 

イタリアでドーナツは浮き輪です。それだけです。

 

f:id:k-lieux:20180421133639p:plain

 

あ、ドーナツって意味もありますよ?*1

 

5.私を血にさせる

 

mi fa sangue

ミ ファ サングエ

興奮する

 

なんかぱっと聞きは物騒な表現なのですが、いわゆる「煮えたぎらせる」のような意味で、セクシーな人を見た時などに使うようです。どうやら南の人しか使わない表現らしいですが、結構よく使ってます。ということは、南の人はよく興奮しているのでしょうか。

はい、そうです。確かに彼らはビールで動いています。間違いありません。

  

6.おまえは便所だ

 

tu sei cesso

トゥ セイ チェッソ

「おまえは不細工だ、しかもめちゃくちゃにな」

 

「おまえは便所だ」は、「おまえは臭い」でもなく、「おまえは汚い」でもなく、はたまた、「おまえは人がいなくても水が流れることがあります」でもありません。

「おまえは不細工だ、しかもめちゃくちゃにな」という辛辣な悪口です。使わないほうがいいです。

 

 

 

f:id:k-lieux:20180421133716p:plain

 

 

以上、おもしろいと思ったイタリア語の表現でした。

たんぱくな記事ですみませんが、これでしつれーしまーす!

 

f:id:k-lieux:20180421133622p:plain

 

 

*1:辞書で調べたら特に浮き輪とは出てこなかったので少し疑ってますが、もしかしたら個人的な表現かもしれまえせん。でも、私の友人は確かに浮き輪を指してciambellaと言っていました。

相撲の女人禁制とイタリア語の性は関係ない

おとといインターネットのニュースサイトをのほほんとみていたら、以下のような記事がありました。

 

www.komazaki.net

 

駒崎弘樹氏という方が書かれたこの記事では、土俵の上にフェラーリが乗ったという話が紹介されています*1

 

あのフェラーリが神聖な土俵に上がったワケ | オリジナル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

そして今日、のほほんとテレビを見てたら、とくダネ!でも土俵の女人禁制の話をしてました。そこでもちらっとフェラーリの話が出ていました。

 

f:id:k-lieux:20180413094931j:image

 

今回の話で興味を引いたのは、土俵に女性は上がってはいけないが、フェラーリは上がったことがある、ということ。

でもフェラーリは車で、イタリア語では車は女性名詞だという指摘です。

 

つまり、ここで彼らが何が言いたいのかというと、土俵に女性は上がってはいけないのに、車(女性名詞)は上がってもいいのか、ということです*2

以下は上記の駒崎氏のブログからの引用です。

 

しかも、フェラーリはイタリア企業ですが、イタリア語で車( la macchina )は女性名詞だそうw
相撲協会、全然整合性取れてないじゃん。

 

こういった話をする彼らは、言語的な性と生物的な性は同じものであるということを前提にしていると思われます。

 

さて、影響力のあるメディアがイタリア語の名詞の性別を持ち出して土俵の女人禁制と結びつけて話をしていたので、それは間違っているということだけ言っておきたいと思います。

 

まず、イタリア語の名詞の性の話ですが、確かに、日本語とは異なって、イタリア語はコトバなのに男性女性といった性別の区別を持っています。

例えば時計(オロロッジョ)は男性名詞、車(マッキナ)は女性名詞、というようにです。

 

しかし、明らかに言語の性は実際の性と違いますよね。時計とか車はモノなわけですし

 

で、さらに、相撲の女人禁制にイタリア語を持ち出す場合、当然、イタリア語と相撲が関係している、という前提があります

 

うーん、この二つは関係ないでしょ。

 

百歩譲って、イタリア語と相撲が関係あるとして、果たして、相撲協会はイタリア語における女性名詞を土俵にあげないという努力をしているのでしょうか。

 

イタリア語の女性名詞は何も車だけではありません。例を一つ挙げるだけでは主張の根拠とするには弱いです。車に関してはなんらかの理由により例外であった、という可能性もありますからね。

私としては、他にも土俵に上がる事物を調べ上げて、本当に相撲協会がイタリア語の女性名詞に気を使っているのかを調べて欲しかったですね。

 

たとえば、「塩」。これはイタリア語では「サーレ」で、男性名詞です。そして、ふんどしは「ペリゾーマ ジャッポネーゼ」、まあ日本語に訳すと「日本式Tバック」なのですが、これも男性名詞です。ここまでは、ああ、確かに男性名詞しか土俵には上がっていない!と言えるのかもしれません。

ただ、こうやってひとつひとつ調べていくといろいろ問題がでてきます。

 

たとえば、「懸賞旗」。「旗」はイタリア語で「バンディエーラ」で、女性名詞です。それから「足袋」。まあ要は「靴下」ですが、イタリア語では「カルツェ」で、こちらも女性名詞です。「優勝杯」だって「コッパ」とかいって女性名詞です。土俵に上がっている女性名詞は何も車だけではないのです。

 

もっというのであれば、そもそも、相撲取りや行司という「人」は「ペルソーナ」で女性名詞です。土俵の上にはもはやヒトすら上がれないというのでしょうか。

 

相撲に関わる概念用語でも女性名詞など山のようにあります。そもそも「相撲」は、伊和中辞典(第2版)では、「ロッタ エ スポルト ナツィオナーレ」となっており、女性名詞です。「勝利」という概念は「ヴィットーリア」でこちらも女性名詞ですから、もはや、女性名詞うんぬんということを言い出したら相撲などとれません。土俵では勝利も禁じられているばかりか、ヒトも上がれないしそもそも土俵でとる相撲自体が女性名詞です。

 

こう考えると、当たり前ですが、相撲協会はイタリア語の女性名詞など気にとめていません

 

少し考えれば、イタリア語と相撲は一切関係ないとわかると思うのですが、批判できればなんでもいいのでしょうかね。

少なくとも、イタリア語で車が女性名詞であるという事実だけでは、相撲協会が旧態依然でありかつ整合性が取れていない、ということはできません。

 

と、ここまで書いて言うのも申し訳ないのですが、まあ、イタリア語を使ったちょっとした遊び心的な話題だっだのだと思います。だから私も別に何か文句をつけているというわけではなくて、イタリア語で冗談をかますには少しワキがあまいよぉ、と言いたいだけなのです。そもそもこのブログ自体がほぼギャグみたいなものですし

 

まあ、冗談にしては、確固として主張したいことがあるようにも見受けられたので、もしそうであるならば、自身の影響力が強いからこそ、もっと根拠をもって理屈だった議論を展開した方がいいと思いました。

 

とにかく、彼らのイタリア語の話は余計です。

 

 

 f:id:k-lieux:20180413094941j:image

 

 

 

 

*1:下の記事はこのブログに引用されていたものではありません。そっちは記事が削除されてしまっていたので、関連した別のをあげておきました

*2:まあ、あと、あまり踏み込みませんが、フェラーリが土俵に上がったというけれど、それは本当に土俵なのかしら、という疑問もあります。駒崎氏が引用している記事をみてみると、「土俵を模した」と書いており、あくまでも土俵ではなかったんだ、という意図が汲み取れます。なので、「フェラーリが土俵にあがった」というよりは、「フェラーリが土俵らしき場所にあがった」というのが正確です。とくダネ!でも、わざわざフェラーリのために作ったと言ってたので、本物の土俵としては認識されていないのでしょう。

申し訳ないが、イタリア語でじゃがいもは下ネタ

本当に申し訳ない。

皆様には申し訳ないのだが、イタリア語で「じゃがいも(patata:パタータ)」は下ネタである。

誤って済むならそれでいいが、きっと皆様の中には、もうイタリア人に「じゃがいも」と言って恥をかいてしまった人がいるのではなかろうか。もっと早くお伝えするべきだった。誠に申し訳ない。

 

とにかく、お伝えしておこう。

 

 

じゃがいも(パタータ)は「女性器」を意味する。

 

 

どうせ知る人ぞ知る隠語だろう、だから大丈夫だ、と思う方もいるかもしれない。でも残念ながらそんなことはない。イタリア人は皆すべからくその意味を知ってるし、こちらがじゃがいもなどと言えば、「じゃがいも?すまないが下ネタはNG」と言ってくる。

 

そう、申し訳ないが、じゃがいもは日常に深く根付いた普遍的な下ネタだ。

 

 

そんな私もじゃがいもには恥をかかされた。

 

f:id:k-lieux:20180407072037p:plain

 

留学中のある日のことだ。ルームメイトにカレーライスを振舞ってやるという粋でナイスガイなことをしたことがある。

しかし、意気込みはナイスガイでも頭はすっからかんな私は、料理をはじめてから、じゃがいもを買っていなかったことに気づいたのだ。

じゃがいもなしではカレーライスなど到底作れない。

そんな悲嘆にくれる私の目に飛び込んだのは、キッチンの隅で輝く、ルームメイトの大量のじゃがいも🥔

 

モリモリに盛られた大量のじゃがいも🥔🥔

 

私は、すぐさまルームメイトに聞いたのである。

 

「ねえ、じゃがいも持ってるよね?少し使ってもいいかい?」

 

すると彼は慌ててこう返してきた。

 

「おほほほっほほほほほほい!もももももってねぇわ!」

 

何を言ってるのかわからなかった私は、「いやいや、キッチンにあるじゃん、じゃがいも持ってるじゃん」と畳み掛けた。

 

そのたびに「もももってないわ」と焦るルームメイト。輝くジャガイモ🥔✨

 

 

 

皆様もこんな恥をかいてしまったかもしれない。だからもう一度言わせていただきたい。申し訳ないが、イタリア語でじゃがいもは下ネタだ。

 

思わぬイタリア語の罠。皆様にはぜひ気をつけていただきたい。

 

sarsiccia(サルシッチャ:ソーセージ)、zucchinina(ズッキーナ:ズッキーニ)も下ネタと言われるが、じゃがいもはどこからやってきたのだろうか。美味しいイタリアンのコース料理を頼んでいたら、突然に精進豆腐を持ってこられたかのような衝撃。

 

どうしてじゃがいもが女性器なのか。ちょこちょこっと調べてみたりしたが、理由はよくわからなかった。きっと私のような小市民にはわからない崇高な事情があるに違いない。

 

ちなみに言うと、あの香りのよい美しいスイートピー(pisello odoroso)も下ネタらしい。

piselloは「お豆」で、odorosoは「芳香を放つ、かぐわしい、匂いの良い」という意味である*1

つまり、pisello odorosoは「芳香を放ちかぐわしく匂いの良いお豆さん」ということになる。どうしてこれが下ネタになるのだろうか。

 

 

...私にはさっぱりわからない

 

 

トランペットやラッパを意味するtromba(トロンバ)も下ネタである。「売春婦」を意味するらしい*2*3

また、castagna(カスターニャ:栗)やpurugna(プルーニャ:プルーン)も女性器を意味するようだ。つまりこの辺も下ネタ。

 

もうちんぷんかんぷんである。

 

 

 

つまり、まとめるとこうだ。

優雅にイタリア語を話していたと思っていたら、いつのまにか下ネタを言っていたんだ。

 

 

イタリア語は下ネタのトラップだらけである。皆様にはこの事実をもっと早く伝えるべきだった。本当に申し訳ない。私には謝ることしかできない。

 

 

 

 

 

しかし、冒頭から最後まで謝り続けてしまったことで、こいつは本当に謝ってないんじゃないかと思われたかもしれない。 

 

そんなことはない。本当に申し訳ないと思っている。

 

 

最後にもう一度重ね重ねお詫び申しあげたい。

 

 

皆様、この度はかような記事を書いてしまい、

 

本当に

 

 

本当に

 

 

 

 

 

f:id:k-lieux:20180407073825p:plain

 

*1:伊和中辞典第2版、小学館

*2:確かそうです。ただ、いくら調べても出てこなかったのですが。もしかしたら一部の界隈での用法かな。

*3:追記 これは間違いでした。申し訳有りません。「性交する」という意味でtrombareはあります。