ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

外国人と日本のモデル・タレント文化の闇

ことのきっかけ

先日、あるイタリア人の友人が、「私の夢は日本でタレントになることです」と言ってきました。彼女は日本好きで、大変仲のいい友人だと思っているのですが、素直に応援する気持ちにはなれませんでした。そこには私なりの理由があります。

まず、率直に言って、イタリア人の友人に日本でモデルやタレントなどの仕事を目指して欲しくないと思っています。

そこで、当記事では、なぜ私がイタリア人が日本でモデルやタレントをすることについて反対なのかについて書いてみたいと思います。

モデル業にいそしむお馬さん↓*1

f:id:k-lieux:20170809155223j:plain

 

イタリア人とモデル・タレント

日本で有名なイタリア人はジローラモ・パンツェッタとユリコタイガーですかね。ユリコタイガーは、モデルやタレントというよりは、コスプレイヤーかもしれません。

ジローラモ

f:id:k-lieux:20170809151301p:plain

 

ユリコタイガー

f:id:k-lieux:20170809151415p:plain

案外、日本でこういった活動をしてみたい、という人が多くいます。しかし、すでに述べたように私は反対です。

 

モデル・タレントってどんな仕事なの?

私はこの辺りにさっぱり詳しくないので、「モデル・タレントってどんな仕事なの?」という疑問が出てしまいます

「モデル」は「主に装飾品を身にまとったり美しい背景に埋め込まれたりする人」ですか。よくわかりませんが、きっと何かの「モデル」になる人たちで、それをもってお金を稼ぐ人のことですかね。

タレントってどんな仕事なんですかね。確かに有名人のプロフィールをみていると、よく「タレント」という文字を見る気がします。しかし、実際に「タレント」という職業が存在するのでしょうか。日本でタレントと呼ばれる人は、テレビに出るけど、アナウンサーとかコメンテーターとかニュースキャスターとかそういうのとは違う人、「それ以外の人たち」ですか。

こういったタレントと呼ばれる人を眺めていると、大体なんらかの専門家で、そういった人たちが活躍の場をテレビに選ぶと「タレント」と呼ばれるような気もするのですが、いかがでしょうか。そうすると「タレント」というのは二つ名的なものなのでしょうか。「海賊狩りのゾロ」と同じ感じで「タレントの田中」みたいな感じ?

個人的には「タレント」っていう職業は存在しないのではないかと思っています。まあ、でもここではとりあえず、なんかしらで「有名な人」という一種の代名詞としてとらえておきましょう

それでは、モデルやタレントになるための条件はなんでしょうか。やはり「他の人にはない才能を持っている人」、もしくは才能があるのかよくはわからないけれど、なぜか「人を惹きつけることができる人」でしょう。平々凡々な人はモデルやタレントにはなれない、というのは火を見るよりも明らかです*2

モデル・タレントになる人は、顔良し・スタイル良しという人物が多いイメージがありますが、きっとそうなんでしょう。どこかで他の有象無象とは明らかに違う存在でなければなりませんから。

しかし、ここで一つ疑問が浮かびます。この条件は、イタリア人(外国人)にも当てはまるのか、というものです。テレビをはじめとするメディアには、外国人枠というが一定数あるようですが、これはその名の通り、「外国人だから」という理由で選ばれているのではないでしょうか。イタリア人であれば日本人とはある意味「違う」わけですから、他の有象無象とは異なる存在になれるわけです。

特に興味深いのは、日本で有名なイタリア人、ジローラモはイタリア人にとっては全然かっこいい男ではないということです。日本人はイタリア人の細かなところまで区別がつきません。なんとなく違っていて、なんとなくイタリアのプロトタイプを具現化してくれて、なんとなくかっこよければよし、というわけです。これは、モデルやタレントが「異種」の存在であればいいという日本のモデル・タレント業を映し出す象徴的な事実だと思います*3

最近は、日本アゲのためか、日本と外国の差異を強調するためか、外国人が集まる番組が多くなっているみたいですが、こういう場面に入り込むのがモデルやタレントになりたいイタリア人の生きる道になるかな、と思います。

さて、ここまで延々とモデルとタレントについて個人の意見を述べてきたわけですが、ここから先は、なぜ私がイタリア人の友人に日本でモデルやタレント活動をすることに反対なのかということを書きます。理由は主に二つあります。

 

「違い」を売りにすること悲しさ

日本は、欧米の人たちの顔立ちやスタイルを良しとする風潮(時にこれは悪い方向に進むこともありますが)があります。ありとあらゆる広告のモデルさんは外国人(または外国人風の顔をした人、といったほうが正確かもしれません)で溢れています。こういった波に日本好きのイタリア人が乗りたいという気持ちはわからなくありません。

さて、モデルやタレントになりたいイタリア人がこうした日本の波に乗ったとしましょう。これは、「外国人」として、「異種」の存在として売れていくということになります。これって悲しくありませんか

日本にはまだまだ「あなたと私はこんなに違う」という表面的なところをみて楽しんでいる風潮があるように思えてなりません。日本にも随分外国人の方が増えたと思いますが、それでもまだまだ受け入れ体制が整っているようには見えません。むしろ「違い」を強調しているようにさえ思える時があります。「違い」だけを強調していくことは社会統合には繋がりません。「こことここは違うけど、こことここはこんなに似ているね」となって初めて相手に一歩近づいたと言えるのです。

私の優秀な友人たちには、外見の「違う」ことだけを売りにする世界に行って欲しくありません。彼らには日本の歪んだアイデンティティ表現*4の道具になって欲しくありません。

 

使い捨ての犠牲になる

私がイタリアの友人たちがモデルやタレントを目指すことに対して反対である理由はもう一つあります。

最近は、SNSの発展に伴って、どう考えても今までよりも、自分の外見を売りたい母数が多くなっていますフェイスブックでもインスタグラムでもなんでもいいのですが、「自分発表会」の場が多くなりました。世の中すごいもので、整った顔立ちの人、素晴らしいスタイルをお持ちの方、多いんですねぇ。この中で戦っていくのは相当な度胸と信念と運がいるでしょう。朝起きて、「なりたいから」ではななれない世界なのです。本当に世界は広いのです。

日本はイタリアよりずっと気軽にモデルやタレントになれる(なれそう)な文化があり(その最たる例は「読者モデル」)、元から発表会が多い社会です。これは現代のSNSの発展とあいまって進化を続け、日本は誰にでも有名になるチャンスがある社会になった思います。これは一見いいことのように見えますが、発表会が多いということは、使い捨てられる可能性も高いということ。日本は、こうした発表会を多くすることで次から次へと飽きられない「商品」を提供するというビジネススタイルです*5

そして、こうした発表会を通して有名になり、仮にあなたがモデルやタレントになれたとしましょう。しかし、残念ながら、外見を売りにした方法で有名になったあなたは、あくまでもその裏にいる何かを発信したい人たちのコマでしかありません自分から何かを発信する人ではないのです*6つまり、忠実に言われたことをやるお人形さんです

お人形さんであるがゆえに、人様の都合によって使い捨てられる。発表会が多いがゆえに、次の代用品と取り替えられる。これって悲しくありませんか

私の優秀な友人たちには、日本のお人形さんになって欲しくありません。せっかく日本に興味を持って、日本にきたのですから、お人形さんになるのではなく、別の形でもっと大切なことを発信して欲しいと思います。

 

イタリア人がモデルやタレントを日本でやるのはダメなの? 

私はイタリア人がモデルやタレントをやる、ということ自体については反対ではありません。モデルやタレントの方でも、自分なりの能力を活かして、自ら発信している人もたくさんいることは明らかです。しかし彼らはきっと、並々ならぬ努力をし、自分のやりたいことを磨きあげ、そしてその舞台に立っていると思うのです。私のイタリアの友人がそういった場にたちたいと思うのであれば、順を踏んで、その場に立って欲しいと思います。安易に、「違う」ことを押し出して、それだけを武器にしてそういった活動をして欲しくないと思っています。

 

結論みたいなもの

日本人は外国人(特に欧米)の容姿を過剰なまでに持ち上げます*7。こうして持ち上げられても行きつくゴールなどありません。どこかで急に落とされて終わりです。日本好きのイタリア人(それだけに限りませんが)には、ぜひ、持っている力を存分に活かせる世界にいって欲しいと思っています。

最初の「ことのきっかけ」で書いたタレントになりたいイタリアの友人ですが、とても優秀な人物です。できれば彼女にはもっと別のことをやって欲しいと思うのですが、これは私の意見の押し付けでしょう。ですから彼女にはそのことは伝えずに、「頑張って」とだけ言いましたが*8、なんとなく心がざわつく、そんな出来事でした。

 

 

 

 

*1:イラストはHさんからのもらいもの

*2:そういった平々凡々であることを売りにするという特殊な場合を除く

*3:ユリコタイガーもイタリアでは特に可愛くないと聞きました。

*4:つまりは、違うことを前面に押し出して、「日本ってこうだよね」と意味もなく持ち上げるようなこと。

*5:偉そうなこと言っていますが、よくわからないまま筆が滑っています。すみません笑

*6:こうやっていうと言い過ぎかもしれませんが、わかりやすさ重視であえて強めに言っています。

*7:当然、ここにはイタリア人も入ります

*8:実際やってみなきゃわからないですからね。もしかしたらうまくいくかもしれませんし。

イタリア人はオシャレ?

イタリアといえばファッション大国というイメージを持っている方もいると思います。確かに、おしゃれに関してはなかなか洗練された何かを持ってします。私の個人の印象ですが、確かに多くの人がそれなりの哲学をもって服を選んでいるような気がします

たとえば、普通の会話をしていても、「君は痩せているからベルトはバックルが小さめがいい、目だただないから」とか「その色のシャツにはこの色のズボンを合わせた方がいい」とか「このシャツは上までボタンを閉めた方がいい」などといった細かいところまでアドバイスをくれる人がたくさんいます。

私はオシャレというモノにあまり興味がありません。毎日同じ服でいてもいいと思ってしまうくらい服選びが億劫なので、私は人のオシャレをとやかくいうことはできません。しかしそんな私でも、いやいや、それはちょっとおかしいよね、と思うイタリア人のファッションセンスもあります

主に以下の二点が気になって気になって仕方がありません。

 

 

1. トゲトゲの装飾品をつけるやつ

何もイタリア人に限られる話でもないような気がしますが、とにかく気になっている点の一つです。イタリアでは、ヘビメタ好きな人たちがつけるようなトゲトゲのアクセサリーを、とにかく通常のファッションアイテムとしてつける人を結構見かけます*1

あまりかっこいいとは思わなかったのですが、イタリアも軽犯罪が多発していますし、防犯という意味ではなかなかいいのではないでしょうか。修羅の国なんでしょう、きっと。そうでないと説明がつきません。トゲトゲしてて危ないですよ、アレ。

 

 

 

では、イタリアは修羅の国、ということで。

 

 

2.スーパーマンの服をきているやつ

イタリア人の中にはスーパーマンの"S"の字が大きく書いてあるブルーのTーシャツをきている人が多くいます。実際に街中ではよく見かけました。これはオシャレなのでしょうか...私には到底理解できません。↓*2

f:id:k-lieux:20170812001429j:plain

まずあの明るい青色を何とかして欲しい。いやがおうでも目立つ明るめの青。信号か。君は信号か。

そして、明るい青の中にさんさんと自己主張する黄色の三角。真っ黄色の三角。眩しいほどに輝く黄色い三角。やっぱり君は信号か。

極めつけは赤色の"S"。おっきいS。そしてとっても赤ーい。そうか、君は信号か。信号なんだな。

 

 

 

では、イタリア人は信号、ということで。

 

 

 

 

 

 

以上の話を簡単にまとめておきましょう。

 

イタリア人はオシャレというよりも「修羅の国に立つ信号」である

 

以上です。 

 

 

 

 

 

 

 

 はい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:これは結構人の好みによるみたいで、日本のゴスロリ衣装みたいなものに当たるのかなあとも思います。でも本当に結構いるんですよ

*2:イラストはHさんからのもらいもの

イタリア人は浮気性か:ことばは社会を映し出す

1.はじめに

私は以前、「イタリア人は浮気性か」という論文記事を書きました*1

 

k-lieux.hatenablog.com

 

拙論では、一人の友人を取り上げることで、「イタリア人は浮気性というより人たらし」であるということを証明しました

これは、私が大好きなイタリア人が「浮気性なわけない!」という思いを前面に押し出したいがための論文記事でした。書いた当初は、イタリア人は「浮気性」ではない、という気持ちをより強く持っていたのですが、日々を過ごすにつれて、反例と思われるものが見つかってきました

浮気がばれて平謝りするお馬さん↓*2

f:id:k-lieux:20170810234143j:plain 

ことの発端は、イタリア語には、「モテる」とか「浮気者」のような表現がたくさんあると聞いたことにあります*3。ことばと社会は、どこかのレベルではある程度関連しているものです。例えば、日本文化と魚は切っても切り離せないものですので、魚に関する用語が多くなります。

もしイタリア語に浮気関連の語彙が多いのが本当であれば、私の「イタリア人は浮気性ではない」という主張が揺らぎかねません。そこで、今回は、Treccani(トレッカーニ)という辞書を用いて、関連用語を調べ上げ、イタリア人と浮気性の関連について論ずることにします。

 

2.語彙収集:イタリア語の浮気関連の語彙

本節では具体的な語彙を収集します。

 

①sciupafemmine(シュパフェンミネ)

sciupa(シュパ)は「押しつぶす」「すり減らす」という意味のsciupare(シュパーレ)という動詞からきています。femmine(フェンミネ)は「女性」です。ですから「女性をすり減らす人」=「浮気もの」「女たらし」「かっこいい男」という意味になるます。冗談っぽく使う時に使うそうです。響きがいいですね。

 

②casanova(カサノヴァ)

casanova(カサノヴァ)はもともとジャコモ・カサノヴァというヴェネチアの作家のことです。カサノヴァは生涯で1000人以上と一夜を共にしたと言われており、その点が評価されて(?)、「浮気者」「女好き」を表す現代の語となりました。ただし彼は、女性に限らず男性とも一夜を共にしたようで、愛し愛されることに快楽を見出していたようです。ですから、もしあなたがカサノヴァと呼ばれているのであれば、あなたは相当なハードルを越えてきたのでしょう。誇っていいことです。

 

③dongiovanni(ドンジョヴァンニ)

dongiovanni(ドンジョヴァンニ)はあるスペイン作家に捧げられたオペラの主人公で、老若、身分、容姿を問わずに、何千人と関係をもつ愛の伝道師です。ここから、ドンジョヴァンニは「浮気者」「女好き」を意味するようになりました。響きがかっこいいですよね。ドン・ジョヴァンニ

もしあなたがドンジョバンニと呼ばれているのであれば、あなたは愛の伝道師です。誇ってください。

 

④donnaiolo(ドンナイオーロ)

まずは、何も言わずにTreccaniとそのdonnaioloの項目と、その私の適当な訳をみてください。

 

donnaiòlo (letter. donnaiuòlo) s. m. [der. di donna]. – Chi per abitudine corteggia le donne ed è sempre in cerca di facili amori.

(適当な訳)

ドンナイオーロとは息をはくように女性を口説き、常に薄っぺらい愛を探す人のこと。

 

おお...もう...

もしあなたがドンナイオーロと呼ばれたことがあるのであれば、反省して下さい。

 

⑤rubacuori(ルバクオーリ)

ruba(ルバ)は、「奪う」を意味するrubare(ルバーレ)からきています。cuori(クオーリ)は「心」を意味するcuore(クオーレ)の複数形です。ここからrubacuoreで「心を奪う人」=「モテるやつ」といった意味になります。大体冗談で使われることが多いみたいですね。

 

⑥mandrillo(マンドリッロ)

mandrillo(マンドリッロ)はマンドリルというヒヒのことですが、これがなぜか「浮気者」を意味します。が、あまり使う人はいないみたいで、人によっては通じません。

 

⑦farfallone(ファルファッローネ)

farfalla(ファルファッラ)は「ちょうちょ」という意味で、one(オーネ)はなにか別の言葉にくっついて「大きい」を意味するものです。ですので、farfalloneは「大きいちょうちょ」ということになります。要するにあっちいったりこっちいったりして女性を取っ替え引っ替えしている人のことを指します。

 

3.課題解決のステップ

以上、浮気関連の語彙を確認してきましたが、適当に探しただけでもこれだけ見つかりますので、きっとこれ以上あるでしょう。

仮に「ある事項に関する語彙が多いことがその社会の真理を示している」という仮定が正しければ、この調査は「イタリア人は浮気性である」ということを示すことになります。私は以前「イタリア人は浮気性ではない」と主張しましたから、これでは困ります。そこで、反論に転じたいと思います

具体的に反論するためには以下の三つの可能性が考えられます。

 

①そもそも「語彙と社会には関連がある」という仮定が間違っているとする。したがって、語彙を調べることには何の意味もない

 

②語彙をより慎重に精査し、語彙の本来の意味、使用範囲、使用頻度などを確認する。本来の意味が異なっていたり、使用範囲・使用頻度が明らかに低いものを除外することで、本当の浮気関連の語彙をあぶり出し、実はこの類の語彙が少ないことを示す

 

③他言語と比較し、むしろ関連語彙が少ないことを示す。イタリア語だけ見ていると多く見えるが、実は別言語ではもっと見つかることを示し、相対的にイタリア人は浮気性でないことを示す

 

4.課題:あきらめが肝心

前節で示した三つの反論の道筋ですが、端的にいって大変めんどくさいです

ですので、正直もういいです。

「イタリア人は浮気性」でいいです。

 

 

もう、それでいきましょ。

 

 

 

 

 

 

*1:当ブログでは、別に偏見を拡散する意図は一切ございません。あくまでもネタとしてお受け取りください

*2:イラストはHさんからのもらいもの。奇しくも最近のブームに乗っかりました笑

*3:この事実を指摘してくれたEさんに感謝する

イタリア旅行で気をつけたい9つのマナー

これからの季節、イタリアへ旅行に行くという方も多いのではないでしょうか。どこへいっても美しいイタリアですが、日差しが強いので、帽子とサングラスを忘れずに持って行きましょう

 

さて、イタリアに行ったら、観光だけでなく、ご飯も、ショッピングも余すところなく楽しみたいですよね。そしてあわよくば現地の人と仲良くなって...なんてことも考えていらっしゃる方もいませんか*1。そこで今回は、そんな欲張りな皆さんの為に、イタリア旅行で気をつけたいマナーを欲張りセットでお送りします。現地に行ったら日本ではあまり気にされないことも向こうでは御法度ということがあります。イタリアのマナーに気をつけて、楽しいイタリアでのバカンスを送ってくださいね!

 

1.お店に入ったら大きな声で挨拶をする

日本ではお店に入ったら店員さんが甲高い声で「いらっしゃいますぇえええ」と言ってきますね。イタリアで「いらっしゃいませ」は"benvenuti!(よく来たね)"ですが、お店でこれをいう人はいません。イタリア人はお客さんが友達かのように"ciao(チャオ)"と気軽に挨拶してきます。そしたらこちらも"ciao!"と満面の笑みで返しましょう。挨拶をされたら挨拶をするのが礼儀です。この挨拶のやりとりがあるかないかで、その後のそのお店でのショッピングの楽しみ度が変わりますので、皆さん、ぜひ気をつけてください。大事なマナーの一つです。

 

2.カフェで長居をしない

日本ではカフェといえばリア充たちのたまり場で、カフェでパソコンを開いたり、本を読んだりして、長々と作業をするのがある種のステータスです。カフェといえばイタリアです。ですから、イタリアでも同じようにカフェでおしゃれに読書や作業を楽しみたい、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これはNGです。イタリアではカフェで長居をするのはマナー違反です。イタリア人にとってカフェはエスプレッソをサッと飲んで立ち去る場所。カフェでグダグダ長居をしてはいけません。

 

3.話すときはアイコンタクトをする

「話すときは相手の目を見て話しなさい」と言われた経験は誰しもあると思います。イタリアでも同じです。ただし、日本では、アイコンタクトのしすぎはNGです。アイコンタクトをしすぎない為に何度か視線を外すということをするのがマナーですが、イタリアでは視線をそらしてはいけません。話している相手の目をじっと見つめ続けるのがマナーです相手がどんなに面白い顔をしていても、決して負けずに相手の目を見続けてください。

 

4.鼻をすすらない

イタリアでは鼻をすするのはNGです。イタリア人にとって、鼻はすするものではなく、かむものです。鼻水があるときはすすらずにすぐにかんで綺麗にしてください。イタリア人にとって、鼻をすする音及び鼻を綺麗にせずにしている様は不快以上のなにものでもありません。鼻をかむことは恥ずかしいことではありません。すべての体液を搾り取る行き勢いでどんどんかんでいきましょう↓*2

f:id:k-lieux:20170802184553j:plain

 

5.あくびを見せない

眠いときはあくびが出ます。生理現象ですから仕方がありません。しかし、あくびをしてあなたの口の中を相手に見せつけてはいけません。必ず手をあてがうようにしましょう。日本ではあくびを平気で大口を開けてする人が見受けられますが、イタリアではマナー違反です。大口を開けた瞬間に警察を呼ばれると思ってください

 

6.麺の音を立てない

イタリアといったらスパゲッティ!食べたいですよね。わかります。たらふく食べてください。しかし、麺の音を立ててはいけません。日本では音を立てた方がいいとかいう謎マナーがありますが、音を立てるということは周りに飛び散るということ。イタリアでは決していいこととは捉えられません。決して音を立てて食べないようにしましょう。

 

7.公共交通期間で電話をする

日本では電車やバスの中で電話をすることはNGです。意味がよくわかりませんがNGです。うるさいからだそうですが、友達と話すのはOKです。意味がわかりませんね。イタリアでは、公共交通機関での電話はなんの問題もありません。むしろ、電話をすることが一種のステータスです。友達がいること、両親に愛されていることのアピールになりますから。ですから、皆さんがイタリア旅行にいってバスや電車に乗ることがあったら、誰かに電話をかけ大声で話してください。イタリア人もあなたの微笑ましい光景ににっこりすること間違いありません。

 

8.ライターを常に携帯する

イタリア人は日本人よりもタバコを吸う傾向にあります。そうすると必然的にライターをよく使うことになります。単純明快なロジックです。そんなときによく出会う場面が、イタリア人に「火をくれないか」と頼まれることです。そうです、あなたにもその依頼がくるかもしれません。依頼がきたのにそれに答えられないようでは困ります。

ライターを持たないことこれすなわち不法滞在と同じです。ですから必ずライターを携帯しておいてください。ライターの火はあなたの命の灯火です

 

9.可愛い子がいたらナンパをする

イタリアといえば美女!という方もいるかもしれません。そんな美女に街中で出会ったらどうしますか。あなたはそれを見て見ぬ振りするだけですか。ダメです。イタリアでは、ナンパをすることがマナーです可愛い子がいるのにナンパをしないというのは、相手に対する最大の侮辱です。必ずナンパをして下さい。うまく行くか行かないかが問題でありません。したかしないかが問題なのです↓

f:id:k-lieux:20170712222540j:plain

 

 

 

いかがでしたでしょうか。皆さん、ぜひイタリアでもマナーを守って素敵なイタリア旅行を楽しんでくださいね!

 

それではBuon viaggio!(良い旅を!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:別にイヤラシイ意味じゃないですよ

*2:イラストはHさんからのもらいもの