ITAMINKIA

イタミンキア イタリア語を面白おかしく学びたいをモットーに、おうまさんが運営しています。

これからの「お尻」の話をしよう

諸君は、お尻というものを知っているだろうか。もちろん、知っていると思う。お尻は右足と左足をつなぐ大事な器官であると同時に、その両足を前に後ろに動かすという重要な役目を果たしている。お尻なくしては諸君は歩けない。それくらい大事な部位である。

 

それでは、これから諸君にお尻の話をしよう。しかし何も、お尻そのものにアプローチをするわけではなく、イタリア語という観点からお尻について語っていくことにする。そして、イタリア語にとってお尻という存在がいかに不可欠な存在であることを明らかにする。さらにそこから、いかにイタリア語のお尻が危険性を帯びた存在であるかということ、諸君がどのようにそのお尻に向き合う必要があるのかということについて語る。今日の講義の目的は、諸君のお尻に対する心構えについて語ることである。

 

イタリア語にはお尻を使った表現が山のようにある。あるイタリア人をして、「イタリア人は二言目にはお尻だから」と言わせしめたほど、お尻という語で溢れている。イタリアという世間にはお尻が氾濫している。これを、ここでは便宜的に「お尻の洪水」と名づけよう。

 

お尻の洪水を構成する表現は多岐に渡る。イタリア語ではお尻のことをculo(クーロ)という。例えば以下のような表現があげられる。

 

prendere per il culo

プレンデレ ペル イル クーロ

「からかう」 

essere culo e camicia

エッセレ クーロ エ カミーチャ

「仲がいい」

che culo!

ケ クーロ!

「ラッキー!」

avere più culo che anima 

アベーレ ピュ クーロ ケ アーニマ 

厚顔無恥」 

leccaculo 

レッカクーロ

「ご機嫌取り」 

In culo alla balena!

イン クーロ アッラ バレーナ 

「頑張って!」

Vaffanculo!

ヴァッファンクーロ 

「クソ野郎!」

 

この件に関しては、既に別の講義で説明した。詳細はその時の講義ノートを参考されたい。

 

 

k-lieux.hatenablog.com

 

さあ、続けよう。ここからが本題だ。こちらから簡単に講義をしてしまってもいいのだが、それではつまらないし、私は何よりも諸君の考える力を大事にしたい。そこでこうしよう。諸君に一つ問題を提起することにする。諸君にはまずそれをよく考えてもらいたい。

 

イタリア語にはparaculoという表現がある。paraは「防ぐ」という意味を持ち、culoは諸君も既にご存知のように「お尻」である。それでは、paraculoはどういう意味になるだろうか

 

さて、諸君はこの問題は簡単過ぎる、と思うかもしれない。確かに無理はない。paraは「防ぐ」という意味を持ち、culoは「お尻」なのだから、フレーゲの構成性原理により、paraculoは「お尻ふせぎ」となる

 

しかしここで一度立ち止まってみよう。イタリア語における「お尻」は洪水であると先に述べた。そう、「お尻防ぎ」と答えた諸君はこの洪水に飲まれてしまっている。

 

確かに、paraは「防ぐ」という意味を持つ接頭辞である。paracadute(パラカドゥーテ)はcadute(落ちる)ことをpara(防ぐ)で「パラシュート」という意味になる。paradentiはdenti(歯)をpara(防ぐ)ので「マウスピース」、paracarroはcarro(車)をpara(防ぐ)で「車止め」である。諸君が、類まれなるこういったイタリア語の知識を動員して、paraculoを「お尻防ぎ」と考えたことには敬意を表したい。しかし、残念ながら、paraculoは「お尻防ぎ」ではない。聡明な諸君は「お尻防ぎ」に違和感を感じていたはずだ。その意味不明な表現はなんだと*1

f:id:k-lieux:20171018123112p:plain

それでは、paraculoは一体何であるのか。もし諸君が日伊辞書を所持しているのであれば、parareという項目を引いてもらいたい。そこには「防ぐ」の他に、「差し出す」という意味が載っているだろう。そう、鋭敏な諸君はお気づきのはずだ。paraculoは「お尻を差し出すこと」であるということに。これなら意味が通る。字義通りにとればいい。「お尻を差し出す」ときに使うのがparaculoだ。

 

しかし、無知の知を知るすいびんな諸君はお気づきのはずだ。こんな表現を使う機会などほとんどないということに。これがイタリア語におけるお尻の洪水である。諸君はこうした洪水に飲まれてはいけない。イタリア語のお尻は字義通りの解釈などではない

 

それでは、paraculoとは一体何であるのか。答えをお教えしよう。一言で言うのであれば「ご都合主義者」である。なんにでも自分の利益になるように振る舞う薄っぺらい人間のことを言う。そう、意味不明である。お尻である必要性はどこにもない。

 

お分かりいただけただろうか。イタリア語においてculoは至るところに登場するが、その意味はもはや人智を越えた第7宇宙の真実のその先にあるといってよいのだ。お尻に惑わされては、イタリア語学習はままならない。イタリア語を的確にかつ柔軟に学ぶためにはこうした身近なお尻の洪水に飲まれてはならない。常にお尻を疑い、日々お尻の裏の意味を捉える必要がある。諸君は常に気を張り、一つ一つのお尻に真摯に向かい合わなければならないのである。

 

本日の講義はここまでとする。それではまた次回。

*1:イラストはHさんからの貰い物だ

ピザは平たい、平たいものはつまらない、つまらないものはうっとおしいというロジック

ピザってあるじゃないですか。あの丸くてトマトが塗りたくってあってその上にモッツァレッラとかのせちゃうやつ。シンプルなくせにすごいうまいじゃないですか。しかもトマトがわんさか塗ってあるから、「これは野菜なんですよ」っていってもギリ信じられるじゃないですか。僕、ピザ大好きなんですよ。

 

しかもイタリアって言ったらピザじゃないですか。ピザ食べてるとなんかイタリアンな気持になるじゃないですか。ラテンな感じっていうか、お調子者っていうか。あれ一種のドラッグなんじゃないかと思うんですよ。まあ、そんなことはおいといて、とにかく、僕、ピザが大好きなんですよ*1

 

f:id:k-lieux:20171003233123p:plain

 

で、イタリア語でピザってpizza(ピッツァ)って言うじゃないですか。その前にche(ケ)をつけて、最後に"!"を入れると、Che pizza!(ケ・ピッツァ)ってなるじゃないですか。これはまあだいたい「なんて素晴らしいピザなんだ!」っていう意味じゃないですか。だから美味しいピザを目の前にした時にケ・ピッツァ!なんて言ってたんですよ。とにかく、僕、ピザが大好きなんですよ。

 

で、本題はここからなんですけど、Che pizza!って、うんざりしたときにも使うんですって。つまり「ああ、もうかったるいなあ」的な感じでも使うんですって。どうしてかというと、ピザが平べったく、その平坦な感じがアップダウンがなくていやだということから来てるみたいです。そしたらもうそんなのなんでもありじゃんね。マンホールでいいじゃん、マンホールで。ケ・マンホール!でいいじゃん*2

 

 

ケ・マンホールっ!

 

 

 

 

意味不明な記事を書いてしまいましたね。申し訳ないです。お詫びと言ってはなんですが、あの有名な10回クイズにアレンジを加えたので、それで許してください。

 

 

 

それでは、皆さん、ピザって10回言ってくれませんか?

 

ピザ

ピザ

ピザ

ピザ

......

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりましたか?

そうですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お忙しいところピザと10回も言ってくださるとは大変幸いなことではございますが、当方から言わせていただくのであれば、ピザではなくピッツァです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

取り急ぎお礼短信のみにて失礼致します。

*1:イラストとはHさんからのもらいものです。

*2:マンホールはイタリア語ではありませんのでご注意ください。

ちょっといやらしく聞こえるイタリア語と日本語

どんな言語にも別の言語で聞くと少しいやらしい別のことばに聞こえてしまう、ということがあります。それはイタリア語と日本語の間でも同じです。イタリア語ではなんでもないことばが日本語ではいやらしく聞こえ、日本語ではなんでもないことばがイタリア語ではいやらしく聞こえてしまう、そんなことがあります。今回はそんないやらしい言葉たちを紹介していきます。以下、そういうネタが苦手な方はブラウザバック推奨です。

 

イタリア語から日本語でまぁいやらしい♥

有名なやつばかりだとは思いますが、私が思いついたものを以下に挙げておきます。

 

♡チンチン(cin cin)

イタリア語では乾杯のときの声掛けをcin cinと言いますが、言わずもがな日本語では少しまぁ♥ですね。有名な話です。一説によると、このチンチンは、「どうぞ」を意味する中国語の「清(qing:チン)」から来ているらしく、それが転じて、グラスとグラスが当たるときのオノマトペになったようです*1。ですから彼らは乾杯の前に大きな声で「チンチン!」と言うわけですね。ただ最近のイタリア人は「チンチン」が日本語ではまぁ♥なことを知っていて、場に日本人がいるときにはこれを避けることが少なからず見受けられます。その場合にはBrindisi!(ブリンディシ:乾杯)と言ったり、A salute!(ア サルーテ:健康に!)などと言います。

でもこういう配慮を無視してちんちん!とか叫んだりすると意外に受けたりします。

 

ちんちんfooooooooooo!!!!

 

取り乱しましたすみません。次のお上品ないやらしいいお言葉にうつります。

 

♡マンコ(manco)

これも結構有名な話ですが、イタリア語では何かが欠けていることをmancare(マンカーレ)と言います。これは動詞ですが、この動詞の一人称単数現在の形がmanco(マンコ)です。日本語ではまぁ♥ですよね。じゃあこのマンコはいつ使うのかというと、ti manco?(ティ マンコ?:あなたは寂しい?)と使います。tiは「あなた」で、この文はおおまか「私はあなたに欠けていますか」→「あなたは(私がいなくて)寂しいですか」となります。恋人同士でよく使う甘いフレーズで、イタリア語では甘いのに、日本語だと少しまぁ♥になってしまう有名なフレーズです。

 

♡テンガ(tenga

これをいやらしいとか言うと怒られちゃう気もするのですが、そこは目をつぶって許してください。tenaga(テンガ)は、「つかむ」「持つ」を意味する動詞tenere(テネーレ)の三人称単数命令形です。三人称で相手を命令するとはいかに?となりますが、これは敬うべき相手に使ういわゆる敬意表現です。したがって、「持っていただけませんか」くらいの意味になります。二人称ではなく三人称を使うことで距離を保ち相手への敬意を示す、といったところでしょう。さて、このテンガ、日本語ではまぁ♥ですよね。ご存じない方は以下のリンクを御覧くださいちなみに私は使ったことも無ければ触ったこともなく実物を目にしたこともありません

TENGA(テンガ)公式サイト

そしてなんと!このテンガにはドリンクもあるということを最近知りました。

f:id:k-lieux:20170917145438p:plain

先日イタリア人の友人たちが渋谷のタワーレコード前でもらったらしく、喜々として私に見せてきました。彼らは最初は何かわからなかったそうなのですが、缶の「ナイトライフ」という表示をみて「アーハン」というAHA体験をしたそうです。私も少し興味本位で味見をしましたが、見た目は黄色いドロッとした感じで、お薬みたいでした。ちょっと辛くて甘いという、何を言ってるんだって思われるかもしれないのですが、そういう味でした。甘ったるさの中にピリ辛な感じ、そんな飲み物だったんです。

 

日本語からイタリア語でまぁいやらしい♥

今度は日本語ではなんでもないことばがイタリア語ではまぁ♥になってしまうものをご紹介します。

 

♡そっか〜

まずはこちらの「そっか〜」です。何かに納得した際に使うことばですよね。これがイタリア語ではまぁ♥となります。イタリア語にはsucchiare(スッキアーレ)という動詞があります。この動詞の意味は「吸う」です。そして、これの二人称単数命令形がsucchia(スッキァ)なのですが、「そっか」がこのsucchia(スッキァ:吸え)に聞こえるそうです。スッキァァ、スッキャ、スッカー、そっかという感じですね。この「吸え」という意味で場面によってはまぁ♥となりますどんな場面なのかとかそのへんはご想像におまかせします。実は、シチリアなまりのほうが日本語の「そっか」に近いらしく、シチリアの友人は「そっか〜」という日本人をみて大爆笑していました。彼らには「あああああ吸ってぇえええええええ♥」に聞こえるみたいです。

 

セガ

あのゲームで有名なセガもイタリア語ではまぁ♥となります。

sega.jp

segaはイタリア語では男の人のG行為を意味します。セガをする」といえば、ゲームをすることではありません。G行為をすることです。segaセガ)は本来は「ノコギリ」という意味ですが、ノコギリで何かを切断するときの動作から来ているのではないかと私は勝手に予測しています。ですから、日本語では「セガしようぜ!」と言ったら*2、とんでもない意味になってしまうわけですね。気をつけましょう!

 

ミンティア

ミンティアもイタリア語では要注意です。

www.mintia.jp

さっきからTENGAとかSEGAとか固有名が多いのはご愛嬌です。ミンティアはイタリア語のminchia(ミンキア:ちんちん)にそっくりです。少し前のミンティアのCMは、サッカーの本田選手が「ミンティア、持ってる?」とこちらに語りかけてくるものだったのですが、私は彼に問われるたびに、「ええ、持ってますとも、ほらこkoni....」なにをはしたないことを言っているんだ、と憤慨していました。


いかがでしたか。外国語を学ぶときはまずはこういうまぁ♡なところからです。こういった知識が土台になりますから、イタリア語を勉強している方もそうでない方もしっかり心に留めておいてください♥

 

 

 

*1:Wikipediaのbrindisi(乾杯)の項目を参考にしました

*2:今どきこういう言い方をするのか、そもそもそんな言い方はしないのかは知りません。

様々な愛のカタチをイタリアの番組に学ぶ

愛のカタチは様々です。そして危機の迎え方も十人十色です。愛に答えなどありません。皆さんは危機を迎えた時どのようにそれを乗り越えますか。

 

イタリアには、交際期間は長いけれど倦怠期に陥ったり危機を迎えたりしているイタリア人カップルを集めている番組があります。その番組のタイトルは、「テンプテーションアイランド(Temptation Island;誘惑の島)イタリア人カップルがそれぞれの愛のかたちを確かめ合う番組です。

 

f:id:k-lieux:20170915212407p:plain

 

この番組、夏のスペシャル番組の一つで、一回3時間が6回分という超ロングなスペシャル番組。

 

はなしは、交際期間は長いが倦怠期や別れの危機を迎えたカップルたちが、その関係を改めて見直すためにある島に集められるところから始まります。島は、男が集められる部分と女が集められる部分に分けられています。趣旨としては、そこである一定の期間(三週間くらいだが、これは短くなることもある)を過ごし、恋人との関係をそれぞれが考え直すというものです。この時点で若干下世話な匂いがすると思った方は、勘がとても鋭い。そう、これだけでは終わらない下世話な番組なのです。

 

というのも、男の側には、シングルの美人が用意されており、女側にはこれまたシングルのイケメンたちが用意されています。そして、彼らはその中から仮のパートナー的存在を選び、不満をぶちまけたり、甘えたり、時には(ピー)こともあるのです。このシングルのイケメン美女たちがまさに相手を誘惑(temptation)する島(island)というわけですね。

 

そこでお互いに相手の発言や行動を見ながら三週間ほど過ごし、一緒に島を出るか、別れを告げて島を出るかを最終的に決めます。揺れ動く愛情とそこに交わる嫉妬と怒りにうろたえる登場人物たちを見て視聴者は楽しむというわけです。

 

ゲスいですねぇ。大変ゲスい番組です。ちなみに2017年の視聴率は19.41%、皆さんが出会うイタリア人の五人に一人はゲス野郎という計算です。そんなやつとは付き合ってはいけません。こんな人の不幸に苦しむ姿を見て楽しむようなやつとは一緒にいてはいけませんよ*1

 

ということで、私はこんなゲスい番組を見るのも嫌なのですが、せっかくなので、2017年版の登場人物とともに、彼らが抱えている問題を紹介したいと思います。意外といろいろな愛のカタチとそれに悩むところが面白いんですよ。私はゲスじゃあないけど、せっかくなのでね、愛について考えるためにまとめたいんですよ。せっかくだからね。本当はこんな番組まとめるのも嫌なんだからねっ!

 

カミッラさんとリッカルドさん 

f:id:k-lieux:20170915214154p:plain

リッカルド(男)さんとカミッラ(女)さんは心のそこから愛し合っています。しかし愛し合っているがゆえに、離れ離れになっているときはお互いが嫉妬のしすぎで危機を迎えます。そこでこの嫉妬の気持ちをコントロールできるようになりたい、という意気込みで番組に参加を決めました。

 

サラさんとニコラさん 

f:id:k-lieux:20170915215354p:plain

サラ(女)さんとニコラ(男)さんは現在21歳と34歳。年の差カップルですね。彼らはなんと5年も付き合っています。つまり付き合い始めたときはサラさんはまだ16歳!そして、サラさんにとってニコラさんはたった一人のお付き合いをした相手。一方のニコラさんは超プレイボーイ。彼の周りにはいつも女性の影が...すると当然サラさんは嫉妬に苦しむわけですが、一方のニコラさんは永遠のピーターパン!そこでサラさんは、ニコラさんが彼女にとって付き合うべき男性なのかを確かめるべく番組に参加を決めます。一方のニコラさんも、サラさんが別の男になびかないかを確かめるべく番組に参加を決めるのです

 

ヴェロニカさんとアントニオさん

f:id:k-lieux:20170915220008p:plain

ヴェロニカ(女)さんとアントニオ(男)さんですが、彼女は大学生、彼はある会社のモデル兼代表。アントニオさんからヴェロニカさんに猛アタックをかけて付き合い始めますが、なんとアントニオさんにはすでに二人の子供が!ヴェロニカさんはそのアントニオさんの過去のせいで悩み続けます。そして彼女は本当にこの重みに耐えられるのか、またアントニオさん側もヴェロニカさんが彼の過去の重荷にもかかわらず愛し続けてくれるのか、これを確かめるべく番組に参加することとなったのです。

 

セルバッジャさんとフランチェスコさん

f:id:k-lieux:20170915220952p:plain

セルバッジャ(女)さんとフランチェスコ(男)さんはもう5年も同棲している仲です。でも二人の仲は順風満帆ではありません。なぜなら、セルバッジャさんがとてもとても嫉妬深いからです。そのせいでいつも喧嘩が絶えません。彼らが6ヶ月別々に過ごしたときにも危機を迎えましたが、この危機はなんとか乗り越えることができました。しかし、セルバッジャさんは、この離れ離れだった時期にフランチェスコさんが不貞行為を働いたと信じて疑いません。そこで彼女は本当にフランチェスコさんが将来一緒にいることができる人物なのかをその目で確かめるべく番組参加を決めます。フランチェスコさんは隠すことがないですから、こちらも参加を決め、特にセルバッジャさんが彼を信頼してくれるようになるかを注視します

 

フランチェスカさんとルーベンさん

f:id:k-lieux:20170915221443p:plain

フランチェスカ(女)さんとルーベン(男)さん。2年4ヶ月のおつきあいです。ルーベンさんは、フランチェスカさんが人生の伴侶だと信じて止みませんが、フランチェスカさんはそうは思っていません。何度かフランチェスカさんがルーベンさんを振ろうとしたこともあるのですが、最終的にはルーベンさんの愛に負けてもとのサヤに戻るということを続けてきました。しかし、やはり納得のいかないフランチェスカさん。自分とルーベンをつなぐ気持は愛情か愛かを確かめるために番組に参加を決めたのです。一方のルーベンさんは自分が相手の人生の伴侶となりうることを示すために意気込みます。

 

ヴァレリアさんとアレッシオさん

f:id:k-lieux:20170915221924p:plain

ヴァレリア(女)さんとアレッシオ(男)さんは、5年以上の付き合いで、そのうちの3年は同棲しています。しかし彼らの性格は、ヴァレリアさんが保守的であるのに対し、アレッシオさんは野心的でありうまく噛み合わず、問題も多く抱えています。ヴァレリアさんは子供が欲しいと考えていますが、野心あふれるアレッシオさんはそうは思いません。そこで二人は二人の関係の本当の意味を問うために番組への参加を決めるのです。

 

以上の6組のカップルの番組の参加の動機はそれぞれですが、全てに共通する思いは「現状の愛のカタチに苦しんでおり、それを何とかして変えたいという気持」です。そのきっかけとするべく、彼ら彼女らは番組に参加を決めています。

 

さて、冒頭ではさんざんゲスい番組と述べました。確かにそういう面も多くあります。しかし、最終的なテーマは「愛」ということで、彼らの歪んだ愛のカタチがどのように修復または完全に破壊されてしまうのか、ということを視聴者は楽しんで見るようです。結局「愛」なんですね。イタリア人は「愛」を見たいということです。

 

ちなみに、こちらの番組、全て以下のサイトで見ることができます。公式で違法ではないので安心してください*2

 

www.wittytv.it

 

みどころたくさんの番組ですので、ぜひお時間があって気になる方はご覧になってください。愛がいかに脆く、いかに強固であるかを知ることができます。いつか簡単なネタバレを含む感想も書けたらいいなぁと思っていますが、いかんせん長いので未定です。

 

*1:とはいっても、実は愛情の確認し合うという面もあるのでお涙ちょうだい的な番組でもあります

*2:上記の登場人物の紹介も、こちらのサイトを参考にして簡単にまとめました